JCAカウンセリング・傾聴スクール|横浜

「一番身近な人の声を、”一番大切”に聴こう。」 当スクールは、カウンセリンング・傾聴講座を通してあなたの「力になりたい。」を応援しています。

「メルマガ」の記事一覧

『気持ちを理解する為の1つの方法』

『気持ちを理解する為の1つの方法』

お話を聴く時に、 相手の本音を聴いたり、 気持ちを聴きたいわけですが、 その時に役立つ視点があります。 それは、話を聴く時に相手の心を担当別に 分割をして聴いていくということです。 例えばこんなようなことです。
学ぶ時はメタアウトカムを意識する

学ぶ時はメタアウトカムを意識する

よく僕が傾聴を教えていると、 こんなことを言う方がいいます。 「傾聴か~、傾聴はね~…。」 「聴くだけじゃね~。」 「傾聴はスキルだからね~。」 と何やら微妙な反応が返ってくることって 結構あります。
相談の場にあるのは悩み、聞くは人生

相談の場にあるのは悩み、聞くは人生

僕たちは、ご相談を受ける際に、相手を変えようとすることがよくあります。 一見受容しているように見えて、変えようとすることもあります。 それは例えば、「その気持ちはわかるよ。でも○○しないとさ!」といったように。そして、そういう○○ということは、大体多くの相談者が実行できずに終わってしまう。 なんてこともよくあります。 もちろん、
思考が強い人には、感情を言葉にする練習を。

相手が取り組める範囲で援助をする

とある方との初回面談のお話です。 彼の事が忘れられないという方に対して、 一通りお話を聴き終えた後、 僕は自分の事を労わってもらおうと、 エンプティチェア・テクニックを用いて、 こんな取り組みをしました。 「椅子が2つあります。
『外在化のテクニック。』

「外在化」のテクニック。

外在化とは、心の問題を外側から捉えられるように(客観視)することで、 問題への対処可能性を上げたり、外側にあるものとして対処することで、 解決しようとする取り組みのことです。 例えば、次のように問題に名前を付けたりすることも外在化です。 子供「お腹いたいの…。」
カウンセリングは、治療でなく支援

カウンセリングは、治療でなく支援

さて、僕はセラピーを学ぶ中で、 様々な技法を学んできました。 ・葛藤を解消する技法 ・過去のわだかまり解消する技法 ・心の声に寄り添う技法 ・問題を整理する技法 ・感情を解消する技法 等々、多くの技法を学んできました。 まぁ、すべて使いこなせているかというと、

UA-81338027-1