カウンセラーは光であって光でない

おはようございます。野川です。

 

最近は?というより、

 

いつもなんですけど、

 

そして講義でもなんですけど、

 

あんまり用意せずに原稿を書いています。(;’∀’)

 

 

同じ話が出来ず、

 

飽きっぽく、

 

何となくその場で思いついたことを話していますが、

 

それはメルマガでも変わらないんだなと、

 

今更ながら気づきました。(笑)

 

 

ということで、今日も思いついたお話でござる。

 

『カウンセラーは光であって光ではない』

 

カウンセラーは光であって光ではないのだ。

 

 

そのことを知る人は実はあんまりいない。

 

 

多くの人は自分が主体になりたいのだ。

 

 

自分が輝きたいのだ。

 

 

それは当たり前だ。

 

だって自分の人生だもの。

 

 

でも、それだとカウンセリングは上手くいかないのだ。

 

 

カウンセラーが光になれば、

 

確かに相手を照らす事が出来るだろう。

 

 

この光は世の中では、

 

癒しとか、解消とか、解決と呼ばれている。

 

 

そういう相手を「光」で包みたい。

 

「光」を届けたい。

 

という方は沢山いる。

 

 

だけど、カウンセラーがいくら光で

 

相手を照らしても、

 

その光はたかだか1時間だ。

 

せいぜい長くても2時間なのだ。

 

 

人生のほんの一瞬。

 

 

そして、光が強ければ強いほど、

 

相手の影は長く伸びていく。

 

 

そんなに自分には影があったのかと、

 

そう気づく瞬間もある。

 

 

そして、眩しい光に、

 

僕たちは目がくらみ、

 

自らの目を覆う。

 

 

そうすると、せっかくの光が受け取れないのだ。

 

 

光は届けるものでも、

 

包むものでもない。

 

 

ただぼんやり光っていて、

 

そこにあるものだ。

 

 

照らすものでもなく、

 

光を当てるものでもなく、

 

光を届けるものでもなく、

 

ただそこにぼんやり光って存在しているもの。

 

 

カウンセラーはそうであるものだと僕は思う。

 

自分では灯りがつけられない場合があるから、

 

そのぼんやり光るところに来て、

 

「あ~見えたみえた。」

 

と自分の灯りを自分でつけて帰る為のそんな灯り。

 

 

だから、変わらず光っていれば、

 

人は自分で灯りをつけていくんだと、

 

そう思うのでした。

 

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうごいました。

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer