「変化を認めることに失敗することが、変化を妨げるのである。」

ポール・L・ワクテル

これは様々なことに当てはまる金言だと最近感じます。

クライアントに対しては勿論のこと、自分に対しても言えます。

 

自分が変わっていないことに目を向けて、

変わっている点に目を向けることが出来なかったりする時、

僕たちは、自分の変化を認めることができず、

結果的に変化をすることがなかなか出来ない。

 

僕たちは日々あらゆる面で変化しているけれど、

それを認めることに失敗する時、

変化が難しくなってしまう。

 

誰かの悩みを聞いたり、

誰かのサポートをする時、

相手の問題点ばかりに目がいくと援助は上手くいかず、

「変わらないな…。」なんて相手を捉えてると、

結局相手が変わっている点に目が行かず、

それが結果的に相手にも影響を与えることがある。

 

援助側が変化を認めることを失敗すると、

援助される側も変化を認めることに失敗してしまう。

 

そんなこともあるように思う。

 

変化をしていることを認めることが、

変化を促進するのだ。

 

変化をしていることを受け入れていくことが、

変化を促していくのだ。

・JCA カウンセリング・傾聴スクール 講師 
・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー
元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行う。
都内のクリニックでカウンセリングも行っている。
お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ