ども!野川です。メルマガ:なぜってい聞かないの。

先日メルマガを配信しました!

ご登録はこちら

『なぜって聞かないの。』

教室より「お知らせ便」です。

※もし、こちらのお知らせが不要の場合は、以下のURLから解除をお願いします。
{DELURL}

こんにちは!野川です。

お久しぶりの配信です。

ここ最近メルマガを書いていないこと気づき、

「あ、書こう!」と思ったはいいんですが、

ここ3日間で、横浜の教室の記事と、

こころ音の記事をやたらと書きくまくっており、

ネ、ネタがない!と困っておりました。(^^;
「ないなら書かなきゃいいじゃ~ん!」

っていう声、ごもっともです。はい。
でもでも?

書いているということは、ネタをめっけたのです。

もう一度いいます。

ネタをめっけたのです!

はい、めっけたをいいたかっただけです。(笑)

メッケタネタハコレダ!ダッ!ダッ!
———————————————

『なぜって聞かないの。』

小さいころに僕たちがよくした「なぜなぜ口撃」。

「ねぇ、お母さんなぜ空は青いの?」

「ねぇ、なんで虹はでるの?」

「ねぇ、なんでなんで?」

ワクワクが止まらず、

ドキがムネムネして、

何度も聞いたこの質問。
最初は単純に好奇心からだったのに、

大人になるとちょっと毛色が変わってしまう。
大人になるとこの口撃は、

いつしか本当の攻撃になってしまうことってある。

「なぜそんなことしたの?」

「なぜそんな事になったの?」

「なぜ別れたの?」

って、なんだか責められたように相手は感じてしまうことってある。
僕たちは単純に「理由」を知りたいだけなのに、

ただそれだけなのに、結局相手を怒らせてしまったり、

相手が非難されていると感じることってあるのだ。
だから、僕たちカウンセラーは、

「なぜなぜ口撃」はしないのだ。
「なぜ?」って聞く代わりに、

「そっかそんなことがあったんだ。」

「あなたがそんなことする位だからよっぽどの事だったんだね。」

「大変だったね。」

って、相手をいたわるのだ。
「そっか、別れてしまったんだ。正直に相談してくれてありがとう。」

「辛かったね。よく話してくれたね。」

って、相手をいたわるのだ。
「なぜ転職しようとしたの?」

って、転職を切り出した友だちにそう聞く前に、

「そっか、大きな決断をしようとしているんだね。」

「それは勇気がいったよな!すごいな。」

って相手の「気持ち」にペースを合わせるんだ。
「なぜ」って質問をするのは理由を聞きたいから。

でも、理由を聞くのが僕たちは早いのだ。

理由は相手から言ってくれる。
理由を知る前に僕たちがやることは、

相手の気持ちに寄り添うこと。

そして、相手をいたわることなのだ。

———————————————-

今日も読んでいただいてありがとうございました!(^-^)

冒頭のテンションと本文のテンションが違うのは仕様です!(笑)

ではでは、また次回お会いしましょう!

ご登録はこちらから!

□■□■□■□『お読み頂きありがとうございました!』■□■□■□■□

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer
■ブログランキングに参加しています!
あなたのぽちっ!が日々の励みになります!
押して頂けたら嬉しいです!
自己啓発 ブログランキングへ

著者プロフィール

著者 野川  仁
・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!