『当然として聞かないと上手く聞ける。』
僕たちは相手の話しを当たり前に聞く傾向がある。

「彼に振られて辛いのは当たり前。」

「良いことがあって喜ぶのが当たり前。」

「責任感が強いのが当たり前。」

「自主性があることが当たり前。」

「怒るのが当たり前。」

「悲しむのが当たり前。」

「楽しいことが当たり前。」

そんないろんな当たり前を僕たちは持っています。

だから僕たちは話を聞く時に、

相手の話をパターンに当てはめて理解し、

一般化をして聞いていく傾向があります。

一般化とは相手の話しを○○というものは、

大体そんなものねという大枠に当てはめて理解することです。

これがあるから相手を理解できるわけですが、

それ故に大枠の影にある細かいところを聞き逃してしまう。

そこにその人となりがあることも忘れてしまって…。

○○の出来事があったから、悲しむ。

というのは、当然何だろうか?

例えば、そこにどれだけの思いが向けられていて、

どれだけの期待や願いが込められていたのか、

きちんと理解しているだろうか?

その悲しみの背景には、

どんな大切にしたかった未来があったのか、

どんなに大切にしたかった価値観があったのか、

きちんと理解しただろうか?

「彼は、自主性があるからね。」

その自主性の裏に隠された、

自主性があるが故に人とぶつかり、苦しみ。

その自主性があるが故に、自らの選択や行動を

誰のせいにもできず、多くの人がするよりも強く後悔したこと。

悔やんだこと。

そんなところを僕たちはきちんと理解しただろうか?

自主性を身につけてきた裏には、

自主性がなければ、自ら率先して動かなければ

誰も力になってくれず、

自分の力で何とかしなければいけなかった…。

そんな過去が隠れていたかもしれない。

はたまた、昔は受け身であったが、

今は自主的であろうとして頑張っているのかもしれない。

そしてもしかしたら、小さい頃からほめられて、

自分で選択する喜びや、決める喜びを味わってきたのかもしれない。

僕たちは、どれくらい相手の話に思いを馳せているだろう?

僕たちは、どれくらい相手の話しに思いを馳せられるだろう?

「当たり前」なんてないこの世の中。

でも、僕たちはやっぱり「当たり前」に話を聞いてしまう。

でも、ただ、

ほんのちょっと立ち止まって、

こう考えみよう。

「もし、それが当たり前じゃなかったら…?」

「だとしたらどう考える?」

と、そう自分に問いかけてみよう。

当たり前なんて、当たり前にないのだから。

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ