『頑張って!と伝えてはダメな理由は本当?』

よくうつ病の方に頑張ってはいけないといいますが、

なぜその「がんばれ!」という言葉をいってはいけないのでしょう?

 

それは、頑張ってきたからであり、

もう頑張れないからです。

 

とこれもよく言われます。

 

確かに限界まで頑張ってきたからこそ、

うつ病になってしまった場合があります。

(勿論他の要因もたくさん関係しています。)

 

そんな方に頑張れ!と声をかけるということは、

もう重荷を背負えなくて倒れているのに、

さらに重荷をのっけて苦しめるようなものですよね。

 

 

だから、そんなことをしない為にも

頑張れって言葉はダメということなのです。

 

では、どう声を掛けたらいいんでしょうか?

頑張って!と声を掛けたらダメならば、

「もう頑張らないでいいよ!」という言葉が思い浮かびますよね。

 

この言葉は、まだ頑張らないといけないと感じている方には、

もう頑張る必要はないのだと許されたように感じて、

気持ちがきっと安らぎます。

 

そしてもしかしたら、このもう頑張らないで!という言葉よりも、

「頑張ってゆっくり休んで。」という言葉の方が届く場合もあるかもしれません。

 

なぜなら今まで頑張ってこれらた方ですから、

その努力の矛先を休む方へと向けることが出来るかもしれないからです。

 

そしてもう一つの言葉がけの方向性として、

こんな視点もあります。

「もう頑張ってはダメ。」

と言われた人は、頑張ってきたわけですから、

そのように言われてしまうと納得する反面、

今まで頑張ってきた自分を否定されたように感じるかもしれません。

 

頑張ってきた自分も自分ですし、

何よりその頑張りに支えられてきたわけですから、

その自分を「頑張ってはダメ。」という言葉は否定しているように感じるかもしれません。

 

その場合、今まで頑張ってきた自分はダメなのだと、

そのように捉えられてしまう危険性もあるのです。

 

そうならない為には、頑張ってきた自分も認めつつ言葉を掛けていくことです。

つまり、頑張ってきた自分と頑張らない自分の両方に声をかけるということです。

「今まで頑張ってきたもんね。そんなになるまで頑張れるのはすごいと思う。だからこそ今は頑張るのをお休みしてもいいかもしれないね。」

といったように両方の自分に声を掛けることも大切です。

 

人は相反する感情を抱えているものですからね。

 

このように、

うつ病を患っている方に「頑張れ!」といってはいけないという言葉の裏には、

いろんなケースが考えられますし、頑張れ!っていう必要がある場合もあります。

 

結局は一番人を傷つけてしまうのは、

「あの人はうつ病だから…。」という評価かもしれません。

そして、「うつ病=難しく」触れてはいけないものという印象を持つことが、

目の前の人と接するのをより難しくし、相手の人となりを見えなくしてしまうのかなって感じることがあります。

 

例えばうつ病という病を患っていたとしても、

それはその人の心の一部の悩みを表したものであり、

その人のすべてでは全くないということを肝に銘じて、

僕たちはその人にあった言葉がけをしていくことが何よりも大切だと感じるこの頃です。

 

それは、うつ病にかかわらずどんな言葉がけもそうですね。

一人の人として、お互いにコミュニケーションをとって行きたいものですね。

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ