心理ケアカウンセラーベーシックコース

今日は、心理ケアカウンセラーベーシックコース5日目。

フォーカシングでした。

あなたは、フォーカシングって聞いたことありますか?

フォーカシングとは、ジェンドリンという方が作った心理療法の一つなのです。

分かりやすくいうと、

「なんかこう…。なんていうか胸がつかえるというか、苦しいというか…。」

といった声にならない、何となくの感覚に寄り添う過程です。
※より詳しくはこちら

寄り添う過程で、その何となくを言語化していくと、

自分の気持ちに気づいたり、自らを受け入れたり、

といったようなことが起きるのです。

 

今日は、そのフォーカシングのトレーニングを1日かけて行いました。

 

・どのように声を掛けていったらいいのか?

・どのような手順で進めたらいいのか?

・どのような方がにこのフォーカシングが向いているのか?

・どのような悩みがフォーカシングで扱えるのか?

・逆に扱えない悩みはどんなものなのか?

 

などなど、こういった説明を含めつつ、

繰り返しガイドのトレーニングを行ってもらいました。

 

勿論、頭で理解してもらうだけではなく、

こういったセラピーを学ぶ上で大切なのは、

自分が体験してみることですので、

実際に受講生に体験してもらう時間も設けて、

実際に体験することと、ガイドをすること。

 

この両方に取り組んでもらいました。

 

セラピーは人によって合う合わないがありますから、

実際に体験してみることも大切なのです。

というのも、やっぱり万人に効果がある技法ってやっぱりないので、

自分に合ったものを選ぶ必要がやっぱり出てくるからです。

 

そして、実際に体験してみて、

効果を実感することは、その後自分がそのセラピーを行う上で、

とっても大切な財産になります。

 

それは、自分が受けてみてその効果が分かっているので、

相手に対して行う時に、効果があるものだと信じて取り組むことができるからです。

逆に、自分が受けてみて効果を感じれなかった場合、

相手にそれをする際に、やっぱりこんな疑問が頭の中に浮かんできます。

「こんなことを相手にして効果があるの?意味あるの?」といったことです。

すると、そのセラピーをする上で、

それが自信のなさとして表れて上手くいかないことがあるのです。

 

こういった理由からも、

自分に合ったセラピーを選ぶこと、

体験をしてみることってとっても大切なのです。

 

皆さんも、もしセラピーを学びたいな。

って思ったら、学べて、簡単な体験が出来るところを選んでみて下さいね。

 

さてさて、次回はいよいよ最終日です。

どんな回になるか楽しみです!

 

次期のベーシックコースは、10/7(土)スタートです!

詳しくはこちら

※終了後、基礎心理ケアカウンセラーの資格が取得できます。

 

□■□■□■□『お読み頂きありがとうございました!』■□■□■□■□

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer
■ブログランキングに参加しています!
あなたのぽちっ!が日々の励みになります!
押して頂けたら嬉しいです!
自己啓発 ブログランキングへ

著者プロフィール

著者 野川  仁
・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!