傾聴講座

相手を理解するということ。

これは、とっても大切なことであり、

一生かかっても100%はできないことであります。

 

ただ僕たちは、「相手のことを理解したい」と強く望み、

その理解を通して相手の気持ちを受け止め、

「少しでも気持ちが楽になってくれたら…。」と願います。

 

理解したいという方の多くは、

このように理解をすること自体が目的ではなくて、

理解を通して、相手の世界を聞いて、見て、感じて、

相手という人間を受け止め、その世界に、その人に寄り添いたいのです。

 

そして、願わくば目の前で苦しんでいる大切な人や、

困っている方に手を差し伸べたいのです。

 

たとえそれが、自分のエゴだろうと偽善だろうと、

僕たちは目の前で人が困っていたら助けたくなるのです。

 

僕たちは不思議とそうなるようにできているようです。

 

だからこそ、実際にそういった方と出会い、

力になる事が出来ないと、

今度こそはと、以前の僕のように強く思い、

それが原動力になり、相手のことを理解したい、

支えになりたいとそう思う方が多いのです。

 

昨日も、相手を理解したい。

人の話を聴きたい。

自分はきちんと相手のことを受け止められているだろうか?

きちんと話を聞けているだろうか?

 

そんな疑問やテーマを抱えた方にいらしていただきました。

 

聴くということって何でしょう?

 

聴くというのは、僕の定義では今目の前にいる人と一緒にいる事であり、

”相手に”心を傾けることです。

従って、聴いている時にスマホいじったり、本を読みながらとか、

仕事しながら聴かないということです。

 

また、心を相手に傾けるのであって、

「次はこれを話そう。」

「いやぁ、今日の夕飯は何を食べようかな。」

といったように、自分への意識を限りなく少なくして、

目を見開き、

耳を傾け、

体で相手を感じようとして、

一生懸命に、そして大切に

相手の声を聴こうとすること。

 

それが聴くということなのではと思います。

 

聴く為に僕たちは、

どのくらい相手の今と一緒にいることができるでしょう。

少し微笑んだその笑みに、

どれくらいの喜びを見つけられるでしょう?

少し微笑んだその笑みに、

どれくらいの痛みを見つけられるだろう?

 

ぼそっと話したその声に、

どれくらいの気持ちを僕たちは感じられるだろう。

ぼそっと話したその声に、

どれくらいの助けてが込めれているのか僕たちは

気づく事が出来るだろうか?

 

「そっか!忙しいならいいんだ!」

というその一言に、

どれだけの配慮を感じられるだろう。

どれだけの寂しさを感じられるだろう。

どれだけの思いやりを感じることが出来るだろう。

 

僕たちはどれくらいの熱量で、

どれくらい相手に心を傾けられるだろう。

 

僕たちはどれくらい本当の意味で「聴く」ことができるだろう。

 

その道は確かに長い。

もちろん僕もその道の途中。

でも、その道はとっても素敵な道だと僕は思う。

一人でも、たった一人でも聴くことができる人が増えたら、

きっと世界は幸せにならないけれど、

その人と、その人の周りはきっと幸せになるんじゃないかな。

 

そんな願いを秘かに込めて今日も講義へと行って来ます。

傾聴基礎コースは、7/7(土)スタート。
辛口傾聴講座は、6/2(土)スタート。
心理ケアカウンセラー資格認定講座は10/13(土)スタートです。

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ