フォーカシングとは心との対話

あなたはフォーカシングという言葉を聞いたことがありますか?

フォーカシングとは、ジェンドリンという方が、

ロジャースの来談者中心療法から発展させて作ったセラピーの技法です。

 

ジェンドリンは、カウンセリングがうまくいく人は、

カウンセリングの最中に

「なんかこう…、なんていうかその…。」

といったように、声にならない声を言葉にしようとしており、

その声にならないなんとなくの感覚と向き合い、

言語化していことに気づきました。

 

なんか胸のあたりがつかえるというか、

詰まるというか…。

 

といったような言葉にはならないけれど、

意識を向ければ感じられる体験を、

「体験過程」と呼び、

その意識を向けた際に感じられる

”なんとなくの感覚”のことをフェストセンスと呼びました。

 

フォーカシングとは、このフェルトセンスと丁寧に対話をし、

寄り添う過程であり、寄り添うために必要なこと教えてくれます。

 

このフェルトセンスと対話をしたり、

フェルトセンスを感じていく過程で、

自分の本当に気持ちに気づいたり、

自分の気持ちを受け入れられたり、

といったことが起きてきます。

 

すると、結果的に悩みが解消することがあるのです。

 

また、このフォーカシングは、

対相手だけではなく、対自分に対しても使えますので、

覚えておくと、もし自分が悩んだ時に、

自分の心と対話ができますので、

自分のために覚えておくことも大切です。

 

もし、学んでみたいな!

と思ったら、体験講座にお越しくださいね。

詳しくはこちら

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうごいました。

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer