フレームに沿って話を聞く。

メルマガ配信しました!ご登録は、ページ下部のフォームから|д゚)

 

僕たちは、人の話を聞く時に枠組みをあまり意識しません。

 

 

枠組みとはつまり「フレーム」の事です。

 

 

はい、英語に直しただけです。(笑)

 

 

この「枠組」(以降フレームと呼ぶ)とは、

 

いわゆる考え方であったり、

 

信念・価値観であったり、

 

物事の捉え方のことを指します。

 

 

 

例えば、ある出来事に対してAさんは、

 

「悪いことである。」と考えたとします。

 

一方、同じ出来事に対してBさんは、

 

「良いことである。」と考えたとします。

 

 

すると、Aさんはそのある出来事に対して、

 

「悪いことである」というフレームを持っている。

 

と考える事が出来ます。

 

 

一方で、Bさんは「良いことである」といフレームを持っている。

 

と考える事が出来ます。

 

 

このある事は、

 

私は○○であるということや

 

私も問題は○○であるということも含まれます。

 

 

・私はかわいい。

 

・私は謙虚。

 

・私の問題は、自己肯定感が低いこと。

 

・私の問題は、自分の意見が言えないこと。

 

 

これらもフレームに含まれるということです。

 

 

横浜さん、ここまでは大丈夫ですかな??

 

 

大丈夫じゃない!と言われても、

 

メルマガなので進めてしまいます。(笑)

 

 

 

さて、どうしてこのフレームのお話をしているかというと、

 

相手が悩んでいる時に語られることは、

 

一つのフレームだからです。

 

 

「人に意見を言えないんです。」

 

「自分の気持ちのコントロールが出来ないんです。」

 

 

という言葉も、その人本人の捉え方の枠組みを言葉にしている

 

ということだからです。

 

 

つまり、人が言葉にするのは、

 

ある種その人の枠組(フレーム)を示したもの。

 

と考える事が出来るということです。

 

 

そしてそして、

 

その言葉にされたフレームは、

 

本人が本当にそのように考えていることだということです。

 

 

聞き手が側が「違う」と感じても、

 

「いや、その問題は○○じゃなくて△△だ。」と感じても、

 

それは、本人のフレームではなくて、

 

あなたのフレームだという事です。

 

 

なぜこんなことを書いているのかというと、

 

僕たちは相手の悩みを聴く時に、

 

問題というフレームに合わせずに聞くことがあるからです。

 

 

「そんなん大したことないでしょ。」

 

「それって結局○○でしょ。」

 

といったように、

 

自分のフレームに当てはめて聴いてしまうことがあります。

 

 

すると、コミュニケーションが上手くいかず、

 

結局、相手は分かってくれなかった。

 

という心象を持つことが多くあります。

 

 

本人にとってその話が

 

「悩み」ということであれば、

 

それは悩みなのであって、

 

その悩みというフレームに沿って聞くことが大切なのです。

 

 

ただ、その悩みというフレームに沿って話を聞く時、

 

それはあくまで目の前の人のフレームであり、

 

私のフレームではない。

 

という視点が大切です。

 

 

それは悩みを聴いていると、

 

「無理」とか、

 

「出来ない」とか、

 

そういったフレームも沢山出てきますし、

 

その言葉を鵜呑みにしてしまうと、

 

私たちの心の中にも、

 

「無理」「出来ない」

 

というフレームが出来上がって、

 

がんじがらめになってしまうからです。

 

 

目の前で語られることは、

 

あくまでその人のフレームのお話。

 

でもその人にとっての真実であり、

 

その人が信じてきたこと。

 

大切にしてきたこと。

 

 

だから、それにそって話をまずは聞いてみる。

 

 

そして、そのフレームは、

 

あくまでその人にとっての真実であって、

 

僕たちの真実ではない。

 

とニュートラルに聞くこともまた大切なのです。

 

お読み頂きありがとうごいました。

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer

著者プロフィール

著者 野川  仁

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー


元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!