ポジティブ・リフレーミング
メルマガを配信しました!ご登録は下部のフォームより!

さて、今日のメルマガは「ポジティブ・リフレーミング」についてです。

ポジティブというのは、肯定的という意味ですね。

ここまでは馴染みがありますが、

リフレーミングというと「?」となりますね。

英語に直すとReFramingです。

Frameというのは枠組みの事です。

リフレーミングをご説明するには、

まずこのフレームについて説明しないといけませんので、

フレームの説明をさせて頂きますね。

フレーミング

このフレームとは、

物事に対する枠組みのことを指します。

この枠組みは、考え方や価値観・捉え方などが入ります。

例えば、

A型は几帳面である。

人には、優しくすべきである。

あの人は、イライラしやすい人である。

仕事はセンスが大切である。

というのも、物ごとに対する枠組みですから、

フレームと呼ばれます。

そして、フレーミングとは、

物ごとに対して枠組みをつけることです。

物事は、こういうものであるという枠組みをつけることです。

例えばあなたが、

友人と食事に行った際に、

たまたまその友人の友だちであるAさんとばったり会ったとしましょう。

あなたは、そのAさんのことを全く知りません。

友人はそのAさんと軽く立ち話をしていました。

数分後、友人はそのAさんに「またね。」と言って、

あなたに

「ごめんね。食べてる時に、いやびっくりしたよ。

もう5年ぶりくらいだよAに会うのは。」

と語り掛けてきました。

そして、こんなことをあなたに言いました。

「実はね、あいつはねすっごい切れやすい人なんだよ…。」

それを聞いて、もしあなたがそのフレームを受け入れたとしたら、

フレーミングされたと言えます。

Aさんに対して、友人に言われる前までは、

初対面ですし、何にもフレームを持っていませんでした。

でも、友人が持つフレームを聞いて、

「あ、あの人って切れやすいんだ。」

ともし考えたとしたら、それはあなたの心にフレームが出来上がった。

という事になりますが、フレーミングとなるのです。

心理学の本を読んだりして、

「人の心の問題は○○である。」というフレームを学び、

それを受け入れたとしたら、それもフレーミングになるのです。

さて、前置きが非常に長くなりましたが…。(^^;

リフレーミング

リフレーミングとは、

このすでに出来上がっているフレームを

緩めたり、捉えなおす事で、

家族療法で使われる技法の一つです。

簡単な例で言うと、

「頑固である」というフレームを

「芯が強い」と捉えなおすことができます。

「空気が読めない。」というフレームを

「自分のペースを大切にできる人。」

と捉えなおすこともできます。

このように、その人が持っているフレームを

捉えなおしたり、緩めたりする取り組みを

リフレーミングと呼びます。

リフレーミングが上手く働くと、

見方が変わるのです。

ただし、このリフレーミングは、

本人が受け入れて初めて効果がありますから、

こちらが如何に見方が変わるように働きかけても、

本人に入らなければ意味がありませんが…。(^^;

さてさて、このリフレーミングですが、

肯定的に用いることで、

カウンセリングで上手くいくことがあります。

肯定的というのがポイントです。

「自分の意見を言えない。」というのを、

「自分を持っていない。」というように、

ネガティブにリフレーミングしちゃだめですよ!

ということです。(笑)

したがって、肯定的にリフレーミングすることが大切です。

例えば、

「ついつい周りに合わせてしまうんです。」

というフレームは、

周りに合わせること=悪いこと。

というフレームを持っていますから、

「世の中には、周りに合わせられず、

人を大切にできない人がいます。

それと違ってあなたには、

周りと調和を取り、人も場も大切にできるんですね。」

「そうやって、合わせてくれる人がいるから、

自由に発言できる人がいる。

縁の下の力もちは、いつも周りに合わせられる

あなたのような優しい方ですね。」

「ついついということは、

そうやって周りに合わせることで、

自分の立ち位置を不利にしない。

というあなたの無意識の知恵なんですよ。」

「そういう自分の心の癖に気づいてらっしゃるんですね。」

「周りに合わせるのではなく、

自分の気持ちや心に合わせて生きていきたいんですね。」

といったように、

ポジティブにリフレーミングする事が出来ます。

もし、この言葉を読んで、

あなたのの中で

「ついつい周りに合わせてしまう」という事に対して

見方が変わったとしたら、

リフレーミング成功です!

もし、「へ~」で終わったら、

リフレーミング失敗! 残念!

となります。(笑)

お悩み相談においては、

クライアントさんは、

物事に対してネガティブなフレームを持っていることが多い為、

それを肯定的に捉えなおすという

ポジティブ・リフレーミングがとっても大切なのです。

なので、お話を聞く時は、

相手の話の中身を理解したり、

相手に合わせて聞いたりすることも大切ですが、

相手が持っているフレームの

肯定的な側面に光を照らして、

こちらが伝え返すこと。

つまり、ポジティブ・リフレーミングが大切なのです。


お読みいただいてありがとうございました。

メルマガのご登録はページ下部より。

□■□■□■□『お読み頂きありがとうございました!』■□■□■□■□

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer
■ブログランキングに参加しています!
あなたのぽちっ!が日々の励みになります!
押して頂けたら嬉しいです!
自己啓発 ブログランキングへ

著者プロフィール

著者 野川  仁
・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!