同じ話が2度出て来たらすること。

『同じ話が2度出て来たらするたった一つのこと。』

こんにちは!ちょっと久しぶりの更新となりました。

先日配信したメルマガです!
ご登録頂ければ新着記事をいち早くお伝えします!
ご登録はこちら!

いやぁ、最近あんまり書くネタが思い浮かばず、

 

「そろそろ更新せなあかんなぁ~」

 

とエセ関西人風に考えておりました。(^^;

 

 

人は一日に何万回も思考していると言われていまして、

 

そんなに浮かんでるんだから、メモしとけばネタに事欠かんだろう!

 

という方がいましたが、そんなしょうもないこと書けんワイ!

 

というツッコミを入れたくなる今日この頃です。

 

 

僕が日頃考えていることなんて、本当にしょうもないことなので、

 

メルマガで書くことでもないのですよ。(汗

 

 

主に、寝たい。

 

はぁ、昼寝したい。

 

早く仕事終わって一杯飲みたい。

 

あぁ、ベッドからでるのめんどくさい。

 

寝たい。

 

 

という本当にどうでもいいことしか考えていませんからね…。

 

基本、時間が許す限りぐーたら寝ていたい人なのです。(笑)

 

 

さて、ではでは今日のテーマに行きましょい。

 

——————————————

 

『同じ話が2度出て来たらするたった一つのこと。』

 

あなたは、話を聞いていて同じ話が二度出てきたことありません?

 

「いや、それさっき聞いたし。」という瞬間ですね。

 

 

例えば、極端にいうとこんなことです。

 

 

Aさん「いやぁ、本当はさカレーが食べたいんだよ。でも昨日食べたしさ。

 

今日は、ヘルシーな蕎麦にしようかな。でもなぁ~…。」

 

Bさん「いや、カレー食べればいいじゃん。食べたいんでしょ。」

 

Aさん「いや、そうなんだけどさ、二日連続同じってのもさ、

 

それにちょっとダイエットしているからさ、あんまりがっつり食べるのも…。」

 

Bさん「そっか、じゃ~蕎麦食べれば?」

 

Aさん「そうだよね。普通蕎麦だよね。でもさ、たまには二日連続でカレー食べたいなって…。」

 

Bさん「いや、昨日カレー食べたんだよね?」

 

というエンドレスな会話ありません?(笑)

 

 

もう好きにすればいいじゃん(笑)ってやつです。

 

この会話はどうして堂々巡りしているんでしょ??

 

 

「いやいや、そんなん相手が優柔不断だからでしょ。」

 

と思ったあなた。

 

それ、正解です。(笑)

 

 

でもそれだとこのメルマガ終わっちゃうので、

 

ちょっと違う視点から見えてみましょう。

 

 

これはいわゆるYes,butゲームと言われるものですね。

 

 

うん、そうだね。だけどね。

 

うん、そうだね。でもね。

 

というように何を言っても、Butが返ってくる。

 

こんな時、相手は負けてなるものか!

 

なんて考えていると言われていて、いわゆるゲームになっちゃっている。

 

相手も相手で、そっちがいいじゃん!ってねじ伏せようとすると、

 

Butでひらりとかわして、相手の思い通りにはならんぞ!というヤツです。

 

 

これをYes,butゲームと言います。

 

 

さて、こんな時、常套手段としてはゲームにのらない。

 

勝とうとしないことが大切だと言われています。

 

 

でも、今日はちょっと違う視点です。

 

 

先の例で、同じ会話を繰り返しているのは、

 

相手があなたに「分かって欲しいこと」を理解しもらってないから、

 

だから、同じ話を繰り返すという視点です。

 

 

そういう視点でみると、

 

聞き手のBさんは、Aさんの気持ち(わかって欲しいこと)を汲んでいません。

 

それは、言葉からもわかりますね?

 

どんな気持ちを汲んでいないんでしょう?

 

それは、迷っている気持ちに一言も声をかけていませんね。

 

 

「いやぁ、そりゃ悩むよね~!」

 

「だって好きなカレーが目の前にあればね~食べたくなるし。」

 

「でもダイエットしているからヘルシーな蕎麦食べなきゃって

 

理性が働くし。」

 

「いやぁ、そりゃ迷うの当然よ!」

 

 

というように、迷っている気持ちに声を掛けてあげれば、

 

そうなんだよ!迷うんだよ。

 

と言うかもしれない。

 

 

すると、Butは出ないですねきっと。

 

基本的には、こういうケースでは気持ちでYesを取ること。

 

これが基本です。

 

 

迷うよね。(Yes:迷う気持ち)

 

カレーも食べたいもんね。(Yes:カレーも食べたい気持ち)

 

でも、ダイエット考えると蕎麦も考えちゃうよね。(Yes:ダイエットもしたい気持ち)

 

ただ、たまには連続で食べるってのも幸せよね。(Yes:幸せを感じたい気持ち)

 

 

といったように。

 

 

人は、わかって欲しい事が理解されてない!

 

と感じた時、同じ話を繰り返す傾向にありますから、

 

もしあなたの目の前の人が、同じ話を繰り返したら、

 

「おやおや、何か聞き逃したかな?」

 

「どんな気持ちを捉えてないかな?」

 

と考えてみて下さい。

 

そして、その気持ちに声を掛けてあげて下さいね。

メルマガのご登録は、ページ下部よりお願いします!

□■□■□■□『お読み頂きありがとうございました!』■□■□■□■□

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer
■ブログランキングに参加しています!
あなたのぽちっ!が日々の励みになります!
押して頂けたら嬉しいです!
自己啓発 ブログランキングへ

著者プロフィール

著者 野川  仁
・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!