ども!野川です。

共感と同情って、結構同じようにとらえている人が多いので、

今日は、その違いについて書いていきますが、

この違いって、聴くときにとっても大切なんです。

共感に関する誤解|それ同情じゃない?

さて、あなたは、きちんとこの違いを言えますか?

多くの人がなんとなくしかわからないこの概念。

 

講座をしていても、なかなか理解できない方もいます。

 

そして、多くの人は同情を共感だと勘違いしています。

さて、それでは違いを見ていきましょう。

多くの人がしているのは、実は同情。

 

■同情

自分の経験則で相手を理解することです。

相手の話を聞いて、自分が体験した特定の経験を思い出し、

自分の枠組み(価値判断など)で

相手を理解しようする行為で、

かわいそうにといったような哀れみを含みます。

 

多くの人は共感と勘違いして、

この”同情”をしています。

 

自分と似た経験の人を見て、

あ~その経験わかる!私も辛かったもん。

そりゃ辛いよね。

 

というようなのが共感と思っているかもしれませんが、

これ同情です。共感ではありません。

 

自分の経験という枠組みが

相手と同じだと勘違いしていて、

自分の枠組みから相手を理解しているからです。

 

多くの人は、自分が相手と

”同じような”経験をしていると、

相手もきっと同じような気持ちに違いない。

 

と、自分の経験から、相手の体験を

推測し、それはかわいそうにと、

それは大変だよね。と哀れみますが、

それだと共感していると言えないのです。

 

では共感ってなによ!

と思う方、ちょっとお待ちください。これから説明します。

 

共感とは、相手の枠組みから相手の気持ちを理解する試みです。

 

はて、なんのことですか?

きっと、最初は読んだだけでは、

この言葉の意味はよく分かりませんね。

 

どういうことかというと、

相手の内的世界(思考や気持ち感覚)を、

“あたかも”自分自身のもので あるかのように感じること。

これが共感です。

 

自分の経験という枠はとっぱらい、

相手と自分は違うという前提に立ち、

相手の内的な状態の変化を

自分のことのように感じる(認知する)こと。

 

これが共感なのです。

 

同感は、この”あたかも”という性質を持たず、

自分と相手の気持ちは一緒である。

というよう相手の気持ちを捉えています。

 

ここがまず違う点です。

 

次に違うのが、

自分の枠組み(経験や価値基準・記憶等)

によって、理解しようとしているのが、

同情です。

 

共感は、相手の枠組みで、

相手の内的状態を理解しようとする試みです。

つまり、自分と相手の感情をごっちゃにしない。

ということです。

 

相手の立場に立って、

相手のありのままの気持ちを感じ取り、

それを言葉にして伝えること。

 

そして、それに対して、クライアントが

共感してくれたと感じること。

 

それが共感というコミュニケーションです。

 

共感というコミュニケーション

 

相手気持ちや相手の世界を理解しようと

そういう気持ちをもって、

相手が”今”どんな気持ちなのか。

どのように感じているのか。

感じ取ろうとしていると、

 

相手の気持ちが伝わってきて、

自分の内的受容体が変化することがあります。

なんだか胸が苦しくなってきたり、

お腹のあたりがきりきりしてきたり、

胸があったかくなったり、

 

そんなことがあります。

 

そして、それを言葉にしてみるのです。

「なんだか話を聞いていると、

胸のあたりが苦しくなってきました。」

と伝えてみることです。

それが共感的理解をあいてに示すということです。

 

それによって、相手が共感してくれた!

そう感じてくれた時

共感というコミュニケーションが成立するのです。

 

共感しているようで、

同情になっていませんでしたか?

自分の枠組みから相手を相手を理解して

理解した気になっていませんでしたか?

 

共感と同情の違いが見えてくると、

簡単に”分かる”といえなくなってきますよ。

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうごいました。

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer