カウンセリングをしていると、

相手が”問題”に見てくることがあります。

 

正確にいうと、”問題”を持っている人です。

 

あなたもそう感じたことはありませんか?

話を聞いていて、「いやいや、それはあなたの悪いよね。そんなにいつも怒っていてさ。」とか、

「そんなネガティブな考え方をしていたら、そうなるよ。あなたが悪いよね。」とか。

 

そんなことを思ったことありませんか?

 

相手が悪いと思ったり、”問題”を持っている人と見てしまうと、

もうマイナスのスタートです。

 

問題だから、なんとかしないといけないじゃない。

そう思ってしまう。

 

相手を問題でを抱える人であるという前提でスタートすると、

カウンセリングも中々うまくいかないんです。
僕は、ある時にカウンセリングを学んだ方からこんなことを学びました。

”いいですか、目の前にいるのは、問題ではありません。人です。”

”問題を乗り越えようとしている人”です。

”問題ではない、人です。だから問題ではなく、目の前のその”人”と良い時間を過ごしてください。”

そんなことを学んでいました。

恥ずかしながら、今も目の前の人を”問題”としてみる事が間々あります正直(汗

”目の前の人”が、 ”人”であるということ忘れて、問題ばかり見てしまう時があります。

 

でも、当たり前ですが、相談に来る方は、僕たちと同じ人です。

何も変わらない人です。
そして、どの人も、必死に自分の悩みと向き合って、それを抜け出ようと、もがき苦しんでいました。

僕たちと一緒です。

ただ、こころが風邪をひいてしまって、普通の風邪ではないので、

中々治りずらかったり、咳や熱が人よりひどく、僕たちより当然苦しんでいるわけではあります。

でも、人なんです。

同じ人間なんです。

病気の人と見ると、病気しか見ずに、目の前の人が見えなくなる。

でも、同じ人だと、

同じく苦しんでいて、

もがいている人だと、

そう思うと、

なんだか身近に感じるし、目の前の人が見えてくるんだと、

そう思うんです。

自分の目に曇りガラスはいくらでもかけられます。

でも、一度かけたらそれを取り払うのは本当に難しいんです。

願わくば、完璧なんて無理なので、

少しでもその曇ったガラスをとっぱらって、

少しの間でも、そのとっぱらった綺麗な透明なガラスから、

目の前の人を見れるようになりたいですね。

(あ、これは僕の願望です(^^;)

そして、その曇りグラスは、

自分に対しても同じなんじゃないかと、そう思うんですよ。近頃。

人は自分に対しても、曇りガラスを通して見ています。

でも、その曇りガラスは必ずしも正しいものじゃないと思うんです。

あなたは、病気そのものではないし、

悲しみそのものではないし、

苦しみそのものではないし、

悩みそのものではないんだと、

そう思うんですよ。

 

それはただのあなたの一部にしか過ぎないんだと、そんなことを思います。

といっても、その一部がすべてかのように、

感じてしまうのもまたしょうがない事だとは思うんです。

ただ、自分は悩みそのものでも、

病気そのものでもないということもまた大切だと思います。

 

カウンセリングの申込みはこちら

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ