相談にのっている時に、

自分のパフォーマンスが発揮できない時ってありますよね。

つまりいつも通りに聞けない時です。

 

いつもより考えられなくなったり、

いつもはもっと視野を広く聞けるのに…

相手の気持ちに共感できるのに…

頭がぐるぐるする感じがあったり…

 

そういった普段通りに聞くことが出来ない時、

それは相手から影響を受けている場合があります。

 

ですから、

「いつもの自分の聞くパフォーマンスが発揮できない時は、

相手からの影響を受けていると考えて、姿勢を変えたり、

すこし距離を取ったりと、兎に角相手からの影響を受けないようにする。」

そういったことが大切だと、

最近先生から学びました。

 

確かに僕たちは、話を聞いている時に相手から影響を受けます。

 

僕自身も

「なんだか共感できないな…。」

「ずっと同じところをグルグルしている気がする。」

「問題ばかり聞いているな…。」

といったことに気づくことがあります。

 

勿論気づかない場合も多くありますが。汗

 

ただ、そういったいつも通りのパフォーマンスを発揮できない時、

勿論自分自身にも要因はありますが、

相手から影響を受けている為に発揮できないのだ

という視点もとても大切で、

それに気づいたら普段の自分の通りに聞けるように、

工夫していくことが大切なのだと、

改めて感じたのでした。

 

ちなみに普段の自分の通りに戻るには、

体感覚を意識して自分の中心に帰ることや、

体の生理状態を変えることが一つのカギです。

 

体の生理状態を変えるには、少し体を動かしたり、

姿勢を変える、少し肩を動かす、

深呼吸をするなど

ちょっとでも状態が変わればオッケーです。

 

また、真正面に座って聞いていたら、

ちょっとだけ席をずらすとか姿勢をズラすとか、

そういったことでも効果がありますよ。

・JCA カウンセリング・傾聴スクール 講師 
・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー
元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行う。
都内のクリニックでカウンセリングも行っている。
お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ