未来が見えない。

「明日が見えない。」

うつ病は未来が見えなくなる病気。

そんなことを聞いたことがある方もいるかもしれません。

 

僕たちはうつ病迄いかなくとも、

鬱っぽくなったり、虚しさを強く感じると、

同じように生きる気力を失い、

未来に対して希望を持つことが出来ません。

 

また明日も同じような状態が続くのか。

それも同じような日常ではなくて、

この苦しみを抱えたままで、

同じような苦しみが繰り返される毎日を送るのか…。

 

そんな思いを持っていると、

余計に明日が辛く、

先が見えなくて苦しみが襲ってきます。

 

僕たちは、鬱っぽくなったり、虚しくって、前が見えない。

やる気がないといったような方と接する時、

「大丈夫だよ。今に前を向けるさ。」

「今は辛いかもしれないけれど、きっと大丈夫。」

といったように相手を励ますことが多くあります。

 

勿論こういったコミュニケーションが上手くいく場合もありますが、

上手くいかない場合もあるのです。

 

それはなぜかというと、大丈夫という言葉が気休めでしかなく、

やっぱり未来が見えないと感じることがあるからです。

 

そして、未来が見えない先が見えない不安や恐れや、

それによる苦しみを受け止めていない為、

上手くいかないことがあるのです。

 

ですからこういった場合は、

まずはそういった未来が見えないというような状態にペーシングをすること。

それが大切だと僕は教わってきました。

 

その為、例えば…

「未来が見えなくなってしまったということですね…。」

というようなペーシングが役立つかもしれません。

または、

「この苦しみが明日も続くのかと思うと、

それだけでぞっとするでしょうし、明日が来るのも辛いですよね。

そういった状態の中で、何とかでもよくやられていると思います。」

といったように明日が見えない苦しみにペーシングをしてねぎらう。

 

こういったような相手の今の状態にペーシングをしていく、

その上であなたの言葉を伝えていく。

 

そうした方が相手も分かってくれたと感じて、

あなたの言葉をより受け止めてくれるのです。

・JCA カウンセリング・傾聴スクール 講師 
・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー
元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行う。
都内のクリニックでカウンセリングも行っている。
お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ