悲しみの涙

涙にもいろいろな種類があります。

うわ~っとなく人もいれば、

こらえながらなく人もいます。

また涙を流しても、

それを抑えようとする方もいれば、

抑えることはせずに、

隠さずに人目を気にせずに泣ける方もいます。

 

このように人それぞれで泣き方が違うわけですが、

泣き方が違うことで分かるように、

その涙の意味もそれぞれ違ってくるのです。

 

ただ、僕たちは話を聞いていて

相手が泣く姿見ると、

「あ、悲しいんだな。」

とか、

「我慢してきたもんね。」

といったように考えがちです。

 

確かに悲しいかもしれませんが、

人は嬉しくても、

何か愛情や温かいものを

感じた時でも涙を流します。

 

また、我慢はしてきてなく、

すぐに泣く傾向があるかもしれません。

 

このように泣くというその行動一つとっても

その中身は人それぞれなのです。

 

その為、原則的には

目の前の人の気持ちを捉えて、

どのような涙かを

判断することが大切なのです。

 

そこで今日はその涙の種類の一つをご紹介したいと思います。

 

それは、どんな涙かというと「うわ~っ」となく涙です。

ホロホロと静かに泣くのではなく、

うわ~っとなく方はいますよね。

 

小さい子供がぎゃんぎゃん泣くのに少しだけ似ています。

 

そのくらいうわ~っと泣いてしまうパターンです。

こういった涙は泣くと、とてもすっきりします。

 

悲しみという感情は、自分が大切にしたいものや、

大切にしたかったものが何だったのかを教えてくれます。

その大切にしたかったものは、

大切な思い・思い出、人といったものですから、

そういったものは、自分の心の内側にありますよね。

 

そして、悲しみが襲ってくると自然と意識が内側(心)へと向かい、

そういった失ってしまったと感じたものへと意識が向き、

その思いを感じることが出来るのです。

 

すると、いかにその大切なものへと意識を向けてきたのか、

そういった思いや、その大切にな人や思い出への感謝や、

愛おしさがわいてくるのです。

 

だから悲しみは、

僕たちに大切なことを教えてくれるわけですが、

うわ~っと泣いているときは、

そういった思いを感じることが出来ず、

内面に意識が向きません。

 

そういった時は、

悲しい苦しいということ自体や、

自分のどうしようもない状態ひっぱられ、

うわ~っと叫ぶように

何とかしようとして涙が出てきたり、

泣くことが行動となり、

ストレスを「発散」してしまっている状態ですので、

一時的にはすっきりしますが、

結局はあまり現実は変わらないことが多いのです。

 

ですから、一人で泣き叫ぶような涙は、

カウンセリング中はちょっと注意が必要なのです。

 

そういった泣き方をする方は、ねぎらいつつ、

自分の内面に意識が向くように援助をすることが大切です。

 

自分の内面に意識を向けるということは、

悲しみの本来の役割である。

「なぜそんなんに悲しいのか?」

に意識を傾けてもらうということです。

 

また、そういった援助の為には、

泣くのを敢えて我慢してもらったり、

少し客観的に自分を捉えるトレーニング等も役立ちます。

後は、催眠的な関わりをすることも役立ちます。

 

目の前の人がもしわんわん泣いてたら、

今日書いた視点を思い出して下さい。

勿論違う涙の可能性もありますから、

しっかりと目の前の人の今の気持ちを

捉えるのをお忘れなく。

・JCA カウンセリング・傾聴スクール 講師 
・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー
元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行う。
都内のクリニックでカウンセリングも行っている。
お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ