傾聴実践講座

「自分なりに練習することも大切ですが、第3者からフィードバックが一番大切です。」

どうやったら傾聴が上手くなりますか?

という受講生の質問に対して僕はこのように答えました。

 

自分なりに出来ることは沢山あります。

 

自分の状態を整える。

外に繰り出して、カフェで人のお話にそっと耳を傾けて、

その人の独特の話すリズムや、声のトーンなどに耳を澄ませてみる。

 

待ちゆく人を観察してみる。

ゆっくりと深呼吸をして、自分を感じてみる。

今どんな気持ちだろう?

今何を大切にしたいだろう?

今どんな気持ち?

本当はどうしたい?

そうやって自分を感じてみる。

 

自分に気づくことは、相手に気づくこと。

だから自分を感じることはとっても大切。

 

ネットで悩み相談を閲覧してみる。

自分ならどう答えるか考えてみる。

どんな気持ちがあるんだろう?

そんな妄想をしてみる。

どんな気持ちで書いたのだろう?

思いを馳せてみる。

 

そう、一人で出来ることは沢山あるのだ。

 

でも、一人だとできないことがある。

それは、自分の癖を知ることであり、

別の視点での関わり方を学ぶことや、

先人に知恵やアドバイスを直接頂くことだ。

 

一生懸命に自分でやってもやっぱり壁にはいつかぶつかる。

 

だからそんな時に、第三者からフィードバックが大切なのだ。

自分と相手との関わり方を見直す時間。

それがとっても大切なのです。

 

今振り返っても、自分を客観的に振り返り、

フィードバックやアドバイスをもらったことが、

やっぱり一番役立っていますし、

一番心に今も残っています。

 

勿論最初は凹みまくりです。(笑)

 

でも、それもいつか慣れて、

どうやったらよかったのか、

何が足りなかったのか、

どうする必要があったのか、

そんなことが見えてきます。

 

聴くというコミュニケーションは実践を通して身につけていくしかありません。

でも、現実生活で失敗できないこともあります。

上手く聴けなかった経験も大切ですが、人を傷つけてしまうこともあります。

 

だから安全な場で挑戦して失敗してみる。

試行錯誤してみる。

 

そんなこともとっても大切なのです。

傾聴実践講座「辛口傾聴講座」は、10/6(土)スタート。

詳しくはこちら

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ