話の内容に引っ張られないで聴く

お話の内容を聞いてしまいがちな僕たちは、

ついつい言語内容に引っ張られます。

 

それは僕自身もいまだにあります。

 

「大丈夫だよ。」のその一言に、

あ、そっか大丈夫なんだって納得したり。

そんなことがやっぱりまだあります。

 

そしてそんなときは、相手の表情を見ていなかったり、

見ているけれども、顔の表情だけを見ているとか、

さっと流してしまったりとか、

自分が疲れてしまってよく聞けてない、

なんてことが多いのです。

 

でもその「大丈夫だよ。」は、

大丈夫じゃないかもしれないのです。

 

強がっているかもしれない。

本当は突っ込んで欲しいかもしれない。

心配を掛けたくないかもしれない。

 

そんな思いが隠れている時があるのです。

 

「大丈夫。」その一言にも、

いろんな種類があるように、

僕たちが話す言葉の一言一言にも、

それぞれいろんな「気持」が込められている。

 

その一つ一つを聴くことは、不可能だけれど、

それを捉えようとすることはできます。

 

僕たちは言葉の内容そのものを受け止めて欲しいわけじゃない。

その言葉の裏にある動いた気持ちを聞いて欲しいのです。

 

こんなことがあって、こんな気持ちになったんだ。

そんな気持ちを聞いて欲しいのです。

 

きちんと理解しようとすることは大切だけれど、

合理的に理解しても、非合理的に働くのが気持ちです。

 

その非合理性を抱えて僕たちは悩むわけです。

 

その非合理性を持つ気持ちを理解できるように、

聴けるように、気づけるように。

お話を聴いていきたいものですね。

 

その為にも、時に目をつぶって聞いてみたり、

耳を閉じて相手の表情やしぐさを見たり。

 

いろんなやり方で、僕たちは五感の感度を上げることが出来る。

内容を理解すれば、なんとかできるはずだという幻想は脇において、

まずは相手が訴えている、

あなたにわかって欲しい気持ちを捉えることから始めてみよう。

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ