相手をねぎらう一日。

今日の午後は、傾聴基礎コース

2日目の今日は、「相手をねぎらう」日。

お話を丁寧に聴くことってとても大切です。

そして、その受け取ったこともとに、

相手に丁寧に言葉を届ける。

 

これもとっても大切ですよね。

 

聴くことと、伝えること。

コミュニケーションではやっぱり両方が大切です。

今日は、如何に伝えるのか、ねぎらいとは何なのか?

という所をお話をして、実際に体験して頂きました。

 

ちなみにですが、「ねぎらい」と「ほめる」ことは違います。

 

「ほめる」というコミュニケーションは、

相手の行動や能力などに声を掛け、

どちらかというと「結果」に対して声を掛けます。

「合格したんだ!すごいじゃん!」といったように。

そして、ほめるというコミュニケーションは、

少し上から目線が入っています。

 

「ねぎらい」というコミュニケーションは、

相手の存在や、人生や、思いや、背景、プロセスに声を掛けます。

「結果」に声を掛けるのではなく、そのプロセスや思いに声を掛けます。

「あの努力の日々がついに形になりましたね。」といったように。

 

このように「ねぎらい」と「ほめる」のは、ちょっと違うのです。

 

今日は、この「ねぎらい」のトレーニングです。

ただ、相手をねぎらうその前に…

ご自分をねぎらってもらいました。

 

相手をねぎらおうにも、

まずは自分をねぎらい、

自分にかけて欲しい言葉を掛けること。

これがとても大切だからです。

 

自分がかけてほしい言葉を知っていると、

相手がどんな言葉を掛けてほしいのか、

なんとなくわかってきますが、

自分が掛けてほしいことばがわからない、

つまり、自分をねぎらっていないと、

相手をねぎらうことはなかなかできません。

 

今日は、その一端を体験して頂いて、

ロールプレイなどのトレーニングを通して、

ねぎらうを体験学習してもらいました!

 

聴くだけではなく、相手をねぎらう。

とても大切なことですよね。

 

さて、次回の傾聴基礎コースは、来年(2018年)3月3日(土)スタート!
詳しくはこちら

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうごいました。

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer