なぜという質問はダメな質問。

「ねぇ、なぜ空は青いの?」

「ねぇ、なぜ夏は暑いの?」

「なぜ飛行機は空を飛ぶの?」

「ねぇねぇ、なんで?」

僕たちは、「なぜ?」という質問を小さいころ沢山しました。

でも、大人になってコミュニケーションを学んでいると、

そんな「なぜ?」という質問をしちゃいけないんだよ!

なんて教わることがあります。

 

それこそ「なぜ?」と思ってしまいます。

なぜと聞かれると責められてると感じる。

僕は以前、カウンセリングを学んでいた時、

「なぜとは聞かない方がいい。」と教わったこともありました。

それはこんな理由からでした。

 

「なぜ?」というと、言われた側が責められていると受け手側が感じるから。

だからなぜって聞かないようにしましょう!

ということを教えてもらいました。

 

つまりこういうことです。

 

「ねぇ、なぜそんなことをしたの?」

と相手から聞かれると、聞かれた側がこのような反応をしがちだということなのです。

例えば…、

そんなこといったってしょうがないじゃん。」

「なぜ?って言われても、何も知らないくせに!」

といったような責められている、暗にあなたが悪いと言われていると捉えられる。

だから、なぜと聞くのは止めましょう!と教わりました。

 

でも、正直当日の僕にはピンときませんでした…。

 

言っていることはわかるのですが…。

 

その後、ある先生からその理由を教わったことで、

「なるほど!」と思ったのです。

それは…。

なぜと聞くと反応が予測できない。

なぜと聞くと相手からの反応(答え)が予測できないからです。

なぜには、先に説明したように責められている印象もある為、言い訳が出てきたりして、自分が聞きたいことが出てこないことがあるのです。

この自分が聞きたいことというのは、ある行動をした理由であることが多いのですが、「なぜ」という質問では、その理由が出てこず、予想もしなかった返答が返ってくることが多いのです。

では、どのような反応が返ってくるのでしょうか。

ここでは4つご紹介していきます。 

①言い訳をする。

「いやいや、おれだってあんなミスしたくなかったよ。」
「でも、残業続きだったし、そんな細かいところまで気が回らなかったんだよ。」

というように、言い訳が返ってくることもあります。

これは、なぜという質問が責められているという印象を相手に与えてしまう為に出る防衛反応とも言えます。

②責められていると思って怒ってしまう。

「あんなミスってお前、何にも知らないからそんなこと言うんだよ!」
「なんだよあんなって!俺だって一生懸命やってんだよ!」

というように、”なぜ”という質問が、責められているように聞こえてしまい、上記のように言い訳や理由をいって自分を守るのではなく、怒りによって自らを守ろうという反応がでます。

この反応がでるということは、相手からすると「あなたは私のことを全く分かってない人。」となっており、理解されていないと強く感じているという事になります。

相手からしたら理解されてないですし、誤解されていると相手は思っているわけですから、被害を被ったと相手としたら感じます。
※怒りの感情については、「怒りと悲しみの具体的な聞き方」を参照ください。

それが怒りとなり出てくるのです。

③価値観が出てくる。

「なぜって、そりゃ俺はあんな細かいミスよりも、仕事では全体的にうまくいけばいいと思っている。」
「だから、あんなミスっていうけど、お前からいったらミスじゃない。」

といったように、細かいことは関係なく、仕事では全体を大切にしている。
という相手の価値観出てきています。

このように、”なぜ”と聞かれると、その行動をした背景にある大切なもの。
つまり、その人の価値観が出てくることもあるのです。

④原因が出てくる。

「私とAさんとの連絡が上手くいっていなくて、私の意図がAさんに伝わっていなかったこと。」
「これがミスの原因だと思う。」

といったように、”なぜ”そのミスをしたのかという原因が出てくるケースもあります。

このように、”なぜ”という質問をすると、

相手からしたら色々な方向性で答えることができる為、

結局あなたが聞いたとしても、欲しかった答えが返ってこないことがあります。

 

その為、僕たちカウンセラーは結局聞きたいことが返ってこなくて、

余計な負担を相手にかけてしまう事がある為、あまりなぜという質問はしないのです。

”なぜ”の代わりの質問。

では、なぜと聞く代わりにどのように僕たちは聞くのかというと。

遠回しに言わずにストレートに聞く事が多いのです。

ミスの原因が知りたければ、

「そういったミスが起きた原因はどこにあると考えていますか?」

と聞いた方がいいでしょうし、

そんなミスをしてしまった背景を知りたければ、

「あなたほどの人がそんなミスをするのはよっぽどの理由があったからでしょう。」
「よかったらその理由を教えてくれませんか?」

といったように聞きますし、

ミスをしたプロセスを聞きたければ、

「どのようにそのミスが起きてしまったのか、プロセスを詳しく教えてもらえますか?」

といったように聞いたほうがいいかもしれません。

 

このように、自分が何を聞きたいかによって質問を変えてみること。

これが”なぜ?”という質問を繰り返すよりも大切なのです。

 

なぜなら、何を聞きたいかを意識することで、

あなたが聞きたいことがよりストレートに聞けるからです。

僕たちは結構遠回りをしすぎてしまうんですけど、

それって相手に負担をかけていることでもありますから、

時にストレートに聞くことって大切なのです。

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ