なぜという質問はダメな質問。

「ねぇ、なぜ空は青いの?」

「ねぇ、なぜ夏は暑いの?」

「なぜ飛行機は空を飛ぶの?」

「ねぇねぇ、なんで?」

僕たちは、「なぜ?」という質問を小さいころ沢山しました。

でも、大人になってコミュニケーションを学んでいると、

そんな「なぜ?」という質問をしちゃいけないんだよ!

なんて教わることがあります。

 

それこそ「なぜ?」と思ってしまいます。

なぜと聞かれると責められてると感じる。

僕は以前、カウンセリングを学んでいた時、

「なぜとは聞かない方がいい。」と教わったこともりました。

それはこんな理由からでした。

 

「なぜ?」というと、言われた側が責められていると受け手側が感じるから。

だからなぜって聞かないようにしましょう!

ということを教えてもらいました。

 

つまりこういうことです。

 

「ねぇ、なぜそんなことをしたの?」

と相手から聞かれると、聞かれた側がこのような反応をしがちだということなのです。

例えば…、

そんなこといったってしょうがないじゃん。」

「なぜ?って言われても、何も知らないくせに!」

といったような責められている、暗にあなたが悪いと言われていると捉えられる。

だから、なぜと聞くのは止めましょう!と教わりました。

 

でも、正直当日の僕にはピンときませんでした…。

 

言っていることはわかるのですが…。

 

その後、ある先生からその理由を教わったことで、

「なるほど!」と思ったのです。

それは…。

なぜと聞くと反応が予測できない。

ということでした。

 

反応が予測できないというのはどういうことかというと、

返答が予測できない。

つまりどんな返答が返ってくるのかわからない。

「だからもったいない。」というのです。

 

最初は「?」でしたが、その理由を聞いて納得でした。

 

そもそもカウンセリングにおけるコミュニケーションには、

明確な目標があります。

それは、問題を解決したり、改善するという目標です。

 

その為、すべてのコミュニケーションはそこへと向かうものなのです。

 

そのすべての中には、質問も、相槌も含まれます。

つまり、なぜと質問することも、その解決や改善の為のコミュニケーションの一環として、

捉える事が大切だということです。

そして、そのように捉えた時に、果たして「なぜ?」という質問は、

本当に有効なのだろうか?ということが問題になってくるのです。

 

結論からいうと、なぜと言う質問はあまり有効じゃないケースが多いのです。

それは、以下のこういった理由からです。

・なぜと聞くと、価値観が返ってくることがある。

・なぜと聞くと、責められていると相手が感じることがある。

・なぜと聞くと、言い訳が出てくる。

・なぜと聞くと、この人はわかってないなと思って黙ってしまうこともある。

このように、なぜと聞くことで色んな反応が出て来て返答が予測できないのです。

 

返答が予測できないということは、

自分が聞きたかったことが返ってこないことがあるということです。

カウンセリングって限られた時間ですから、

質問をする際は、できるだけ自分が聞きたかったことを聞けるようにした方がいいのです。

それは、相手に負担をかけない為にも、回り道をせずに、

いち早く解決へとたどり着くためにもです。

 

だからカウンセリングの場面においては、

なぜという質問はせずに、

例えば、

「なぜそれをしたのですか?」

と聞く替わりに、

「どのようにしてそれをしたんですか?」

と聞きます。

 

「なぜそれをしたかったのですか?」

と聞く替わりに、

「どういった思いから、それをしたいって思ったのですか?」

と聞きます。

 

「なぜ○○をしなかったのですか?」

と聞く替わりに、

「何が○○をするのを止めていたのですか?」

と聞きます。

 

このように、なぜと聞くよりも、

他の質問の方が有効な場合が多いのです。

 

だからカウンセリングにおいては、なぜっていう質問はあまり使わないのです。

お読み頂きありがとうごいました。

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer

著者プロフィール

著者 野川  仁

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー


元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!