話を聞く時、僕たちは解決してあげたくて、原因より出来た理由を聞く

相手が悩みや問題を話せば、ついつい原因を聞く。

 

仕事の場面ではリスクヘッジは大事だろうけど、

プライベートの部分では、あんまり役に立たないことって多いのですよ。

 

原因を聞きすぎるとかえって相手を落ち込ませてしまうことってあるし、

相手は、あなたから原因を教えてほしいわけじゃないのですよ。

 

だって原因って本人が一番わかっているし、

それを改めて人から言われるのは結構凹むのです。(汗

 

だから、原因を聞く替わりに、

その中でも”出来たこと”を聞いてみよう。

”出来たこと=うまくいったこと”を聞いてみよう。

 

「いや、いつも失敗するんだよね。」

と相手が言ってきた時に、

「いつも何がダメで失敗するの?」

って、原因を聞く代わりに、

「本当にいつも失敗するの?出来たことって本当にないの?」

って、出来たこと、うまくいったことを聞いてみよう。

 

「今回もうまくいかなかったよ。」

って相手が落ち込んでいる時に、

「何が原因だったと思う?」

って、原因を聞く替わりに、

「前回より、少しでもうまくいったことってなかった?」

って、前回よりもうまくいったことにスポットライトを当ててみよう。

 

どうせスポットライトを当てるなら、原因よりも、出来たことに当てたほうが、

きっとライトの光もキラキラと光るってぇ~もんですよ。

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうごいました。

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer