こんにちは!野川です。

今日は、横浜 傾聴基礎コースでは、どんなことをするのかご紹介します。

このコースでは、4日間かけて、傾聴の基礎を身につけていきます。

【1日目:相手の心に寄り添うペーシングの技術】

一日目では、いかに相手に寄り添うっていけばいいのかという、

ことをテーマに講義&実践を行っていきます。

また、初日ですので、それぞれ自己紹介を各グループで行って頂いて、

実際に講義となります。

【実際に行うこと。】

・自己紹介

・相手によりそうとは?講義。

・その技術であるペーシングの紹介

→安心して相手が話してくれるようになる

→相手のタイミングで話が聞けるようになる

→なんだか話していて落ち着くとよく言われるようになる。

→信頼関係を築くことができる。

・ペーシング実践
※この実践では、カウンセラーが2人(野川・土矢)が入って、
フィードバックを行います。希望の方がいればビデオをとって、振り返ります。

・まとめ。

こんな感じで、PCを使って振り返りです。
自分の癖が見えたり、「このタイミングはペースがあってなかったので、
ここを合わせらると、きっと流れが変わったかもしれないですね!」
といったフィードバックをしていきます。

【2日目:相手を力づける言葉がけ】

2日目は、実際に聞いてどう相手を勇気づけていくのか、

どのようにしたら、相手の気持ち、例えば悲しみ、怒り、苦しみなどの気持ちを、

ケアをしていくことができるのかを、実践を通して学んでいきます。

【実際に行うこと。】

・力づけるとは何なのか?

・どうして人は前に進むことができないのか?

・どのようにしたら前に進めるのか。

・相手の気持ちをケアをする術を学ぶ&実践

→怒りの対処法

→悲しみのケアする言葉がけ。

→相手を力づける言葉がけ。

→気持ちが前を向くような言葉がけ。

・言葉がけのバリエーションの紹介

・まとめ。

この回は、聴くだけではなく、聴いて受け取った相手の気持ちを、

どのようにケアをしていくのかを学んでいきます。

もし、ケアをすることができれば、

自然と相手は自分の気持ちを受け入れ、

一人で歩んでいく準備が整うようになるのです。

【3日目:相手の心の変化に気づく観察力を身につける。】

3日目は、相手の心、つまり気持ちの変化に気づく力を身につけていきます。

話を聞く時に大切なことは、相手に気づくということです。

相手に気づくということは、相手が発しているサインに気づくということです。

 

相手が話す”言葉”だけを聴いていたら、ずっと相手のことはわかりません。

相手を理解していくには、”どのように相手が話すのか”に気づくことが大切です。

下を向きながら、投げやりな声で「ありがとう。」というのと、

目を見て、笑顔で柔らかい声のトーンで「ありがとう。」というのとでは、

意味が違いますよね。

このように、言葉だけに注目せずに、

どう相手が話しているのかに気づくこと。その力を身につけていきます。

【実際に行うこと。】

・観察力とは何なのか?

・どのようにしたら観察力が上がるのか、そのポイント。

・観察眼を磨く、あなたはどこまで見えていますか?

・聴き分ける力を磨く、あなたはどこまで聞こえていますか?

→声に隠れた変化に気づく。

・体の感覚を鋭くする。

・まとめ。

【4日目:これまでの総まとめ】

最終日は、これまでの総まとめです。

【実際に行うこと。】

・これまでのポイントの整理

・これまでの点で質疑応答

・これまでのところで各自練習したいポイントをトレーニング。

・まとめ。

こういったことを行っていきます!

ちょっとずつステップステップに分けて、

実践の時間を多くとり、進めていきます。

 

是非お越しくださいね!

申し込みはこちら!
・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ