おはようございます!

もういよいよ夏という感じですね。

昨日は、夜に蚊に何カ所も刺されて、

かゆ~くてなかなか寝れませんでした(^^;

さてさて、今日は、苦しんでいる人に対して、

どんな質問をしていったらいいんだろう?

ということがテーマです。

 

相手が苦しんでいる時に、

なんて声を掛けたらいいかわからないですよね。

そんな時に大切な視点は、

相手は、苦しんでいたとしても、

今、なんとか生きているということです。
何とか生きているという事は、

何とかその苦しみを乗り越えてきている。

ということです。

 

その乗り越えてきたことや、

苦しみを耐えてこられた支えを聞くこと。

それが大切になってきます。

 

それをサバイバル・クエスチョンといいます。

 

例えば、あなたに悩んでいる人が相談に来ますね。

友人でも、同僚でもだれでも構いません。

そこで、あなたの前に来るっていうことはですよ、

そんな悩みを抱えながらも″生き抜いてきた″ということです。

なんとか、ボロボロになりながら、苦しみながらも

あなたに相談に来たということです。

生き抜いてきたんです。

 

これを英語で言うとサバイバルです。

 

そして、そんな状況でもよく生き延びてこれましたね。

何が支えになったんですか?

って質問(クエスチョン)することが、

サバイバル・クエスチョンといいます。

 

質問の形にするとこうなります。

「〜さん、そんな中でよく相談してくれたね。

私だったら、とっくにダメだった。よく耐えてきたね。何か支えがあったの?」

すると、聞かれた方は、苦労をいたわってもらえたと感じ、

これまで耐えてきた自分に目を向けて、

その支えを探し始めるんですね。

 

その支えは家族かもしれない、

友人かもしれない、仕事への情熱かもしれない。

責任感かもしれないですが、

いずれにしてもその人の大切なものです。

 

出てきたその大切なものを受け入れて、

そのことについて聞いて見てください。

話の方向が変わるはずですよ。

・JCA カウンセリング・傾聴スクール 講師 
・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー
元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行う。
都内のクリニックでカウンセリングも行っている。
お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ