個別の事情を汲んだ言葉がけは、

とても大切です。

 

よく僕たちは、

個別の事情を汲まずに、

相手を責めるような言い方をする時があります。

 

例えば何か思わしくない出来事があると、

「なぜそんなことをしたの?」

と僕たちは聞きますが、

この質問は、

シンプルに相手がどういった理由から

そのようなことをしたのか?

 

というところを聞きたい気持ちから出る質問ですが、

相手からしたら責められている印象を

持ってしまうことがあります。

 

ですからあまりいい質問ではないのです。

 

その為、その質問のかわりに

次のような相手の事情を汲んだ質問が大切になります。

「あなたのことだから、そういったことになったのにはよほどのことがあったんでしょう。」

「あなたがそれをしたのには、何かそれなりの理由があったんでしょう。」

 

このように相手の事情を汲みながらお話を聞いていき、

何が起こったのかを聞いていく。

 

そんな聞き方の方がうまくいく場合が多いですし、

相手も自分を責めているわけじゃないんだと、

そう分かってくれるのです。

・JCA カウンセリング・傾聴スクール 講師 
・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー
元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行う。
都内のクリニックでカウンセリングも行っている。
お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ