傾聴講座

相手に耳を傾ける。

相手にこころを傾ける。

 

そして耳を澄ませて聴く。

その為に出来ることは沢山あります。

 

昨日も受講生が、

「傾聴ってこんなに広く深いんですね。今日学んだことはこれでもほんの一握りなんですね。」

と感想を教えてくれました。

 

そう出来ることは、広くあり、深く聴けることも沢山あるのです。

 

聞くというコミュニケーションではなく、

聴くというコミュニケーションは、とても奥深いのです。

 

例えば、「昨日上司に怒られてしまったんだよね。」と相手に言われた時に、

「何があったの?」と中立的に聴く選択肢もありますし、

「大変だったね。」とねぎらう選択肢もありますし、

「怒られるとやっぱへこむよね。大丈夫だった?」と心配を示す選択肢もありますし、

「そっか。怒られちゃったのか。」とオウム返しをする選択肢もあります。

 

このようにいろいろな選択肢があるのです。

それにも関わらず僕たちは通常、そういった選択肢を意識することはありません。

”何となく”自分の聴きたいことを聞きますし、伝えてしまうのです。

 

ただ、これはしょうがないことなのです。

僕たちは、聴き方を学んできていないですからね。

でもちょっと勿体ないなと思うのです。

 

それはなぜかというと、聴く力は学べば身につくからです。

ちょっと学ぶだけでも、聴き方は全く変わってきます。

 

なぜなら、学んできてないということは、

気づいていないということであり、

学べることが、出来ることが沢山あるという事だからです。

 

昨日来た受講生の方も、その出来ることの多さに驚いていました。

 

そう、僕たちに出来ることは、

僕たちが相手の話を丁寧に聴く為に出来ることは沢山あるのです。

それは星の数ほども。

 

だからあなたがもし今、相手の力になりたいけれど、

どう接したらいいかわからない、

どう聞いたらいいかわからないと

そんな思いを抱えているとしたら、

是非学びにいらしてください。

 

その答えが見つかるかはわかりませんが、

その為のヒントや出来ることはきっと見つかると思います。

 

あなたと学びを共にできる時を心から楽しみにしています。

あ、そうだ!傾聴講座。」はこちら

・JCA カウンセリング・傾聴スクール 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー
元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。また、都内のクリニックでカウンセリングも行っている。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!
お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ