ペーシング

安心して話してもらうペーシングのスキル

話を聞く上で大切になってくることは、

相手に安心して話してもらうことです。

 

初対面であったりすると、多くの場合相手は緊張しています。

緊張していると、なかなか相手もうまく喋れず、

自分の本当の気持ちを話す心の準備が整わないこともあります。

 

ただ、もし相手に安心して話をしてもらう事が出来れば、

なんだかこの人と話していると話しやすいなって

そう感じる瞬間が増えて、

相手は、自分の気持ちや心との対話が安心して出来るようになります。

 

では、どのようにそういう状態を作り出したらいいのでしょうか?

その一つの答えは、ペーシングというコミュニケーションスキルです。

ーシングとは?

「相手の話すスピードや、テンポ、リズム、声のトーン、表情、気持ちなどを合わせること。」

これをペーシングといいます。

 

マラソンには、ペースランナーがいますよね。

一定のタイムで走ってくれる人です。

その人に合わせて、リズムを作っていくわけです。

 

話を聞く時も同じです。

話をする人がペースランナーであり、自分のペースで話す人ですから、

相手のペースにまずは合わせる。

一緒に相手と同じリズムで走ってみる。(聴いてみる。)

同じ歩幅で走ってみる。(同じリズムで聴いてみる。)

相手と呼吸を合わせてみる。

時に、立ちどりまりそうな時もありますから、

そんな時は一緒に立ち止まって、どんな世界かを一緒に見ようとする。

 

それがペーシングです。

 

ペーシングにより、相手と同じ世界で話を聞いてみる。

それにより、相手はいつもと同じ状態で話せますから、

安心して話をしてくれるわけです。

 

「なんだかこの人と話してていて落ち着くな~。」

と感じるのは、聞き手がペーシングが上手いことが多いのです。

 

また、ペーシングが出来るようになると、

自分のリズムで話を聞かなくなりますから、

相手のタイミングで質問が出来たり、

話を聴けるようになるというメリットもあります。

ーシングを練習するには○○を合わせるだけ。

さて、ではどうやってペーシングをしたらいいの?

という所ですが、まず簡単にできることは、

相槌を合わせることです。

 

相手と同じタイミングで頷くだけです。

ただ、頷く速度、深さ、タイミング、リズムを合わせます。

これを合わせると、呼吸も、話を聞く速度も、

相手と自然とあってくるのです。

 

なぜなら、頷いたタイミングで人は呼吸をするからです。

そして、頷くリズムと、話す速度は連動しているからです。

呼吸を合わせなさい、その為に相手の方の動きをみなさい。

って教えるところもありますが、それだと結構難しいのです(^^;

これなら簡単です。

 

また、意外とこれって難しいんですよ。

自分の頷く癖が出ますからね。

自分のアゴが止まらないのです(笑)

簡単にできますので、試してみてくださいね。

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ