対人援助の原則は、やりすぎないこと。

対人援助の原則は、やりすぎないこと。

だれかの力になりたくて、心理カウンセラーになりたい方は多い。

そして、この力になりたいという思いはとても大切で、

仕事をする上でのモチベーションにもなります。

 

一方で、この思いの根底には、

自身の「力になれなかった。」という経験があることがあることがあります。

 

僕自身、カウンセラーになりたかったというよりも、

この過去の「力になれなかった。」という経験が一つのモチベーションとなり、

「今度相談された時は、もっとましな人間になっていたい…。」

そんな思いから、対人援助を志したという経緯がありますから、

僕はこの「力になれなかった。」に当てはまるわけです。

 

さて、なぜこのお話をしているかというと、

いつかこの「力になれなかった。」という自分を許すことが必要な時がきっと来るからです。

強いモチベーションとなっている内はいいのです。

 

しかし、それが強すぎるとついついやり過ぎちゃうのです。

「あの時できなかったこと。」

「あの時力になれなかったこと。」

を今度は挽回しよう!と思って、

やりすぎてしまうことがあります。

 

しかも、そのやりすぎは自覚はしているのですが、

止まらないのです。

それは、今もあの時の記憶が心の中に鮮明に残っていて、

あなたの心が、もうあんな思いをあなたにさせない為に、

「ほら!今度は、頑張るんだよ!」って、

応援してくれているからです。

 

だから止められないのです。

 

心がもう十分だった。

あの時はベストだったと、

もうあの時からは、ずいぶんと成長したんだって分かるその時まで、

なかなか止められんのです。

 

そうすると、実際の援助もうまくいかない。

なんてことも多くなってきます。

 

それは、カウンセラー側が頑張り過ぎちゃうからです。

すると、本来はクライアントさんが頑張るべきところを、

カウンセラー側ががんばっちゃいますから、

クライアントさんが自立しなくなり、

自分で考える比率も少なくなり、

やっぱり上手くいかないのです。

 

もちろん、カウンセラー側が頑張るところも沢山あります。

一方で、カウンセラー側が引くべきところも沢山あるのです。

 

そう、バランスが大切です。

 

もし、あなたが本気で心理カウンセラーになりたくて、

いつの日か、やりすぎてしまう自分に気づいたなら、

それはきっと自分を許すタイミングです。

 

カウンセラーの道は、相手と向き合う道。

そして、「自分とも」向き合う道。

 

丁寧にお互いに歩んでいきたいですね。

 

その行く道でお会いできる時を楽しみにしています。

諦めないでくださいね。

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ