たった一人の理解者にならない。

たった一人の理解者にならない。

誰かの悩みを聞く時に、

一つ気をつけなきゃいけないことがある。

 

それは、自分が唯一の聞き手でいいのか?

 

ということです。

 

悩みを深く聞けば聞くほど、

心の重荷は降りていく。

 

でも、その重荷をおろして、

深く話を聞く相手は、

はたして本当に自分でいいんだろうか?

ということです。

 

たった一人の理解者になることは、とっても大切なことです。

ただ、その理解者の役割は、

いつか降ろさなきゃいけない。

 

カウンセラーがその役割をずっと担っていたら、

その人は悩む度にカウンセラーを頼らなきゃいけなくなる。

勿論これは、悩み相談だけじゃなくて他のコミュニケーションにも言える。

 

たった一人の理解者になることは大切なのだ。

 

でも、いつかその人は、

別の人を見つけていかなきゃいけない。

 

だって、自分の足で歩いていかなきゃいけないからだ。

だからこそ、本当に自分が唯一の聞き手でいいのか?

と自分する必要が時にあるのだ。

 

もし、その答えが「ノー」なら、

その人が自分の足で歩めるように、

その目の前の人が、

身近な人とうまくコミュニケーションが取れるように援助することも大切なのだ。

 

たった一人の理解者になる。

 

そのたった一人の理解者は、

願わくば、友人であり、

身近な人であるべきなのだ。

 

勿論、身近な人から理解されないこともある。

そんな時は、受け止めてくれる誰かが必要だ。

 

でも、その役割はいつか降りなきゃいけないって、

僕はそう思うんだ。

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうごいました。

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer