2分思考から灰色思考へ

2分思考から灰色思考へ。

2分思考は、白黒思考とも呼ばれ、

10個ある認知の歪みのうちの一つとも呼ばれています。

白か黒か!どっちかしかしない。

0か100か!そのどっちしかない。

そんな思考が白黒思考です。

つまり、中間点がないのです。

だからこう考えたりします。

「上手くいかなかったら、何も意味がない!」

「下手ならやる価値はない。」

「成功しないと、すべてが無意味。」

「好きじゃないなら、嫌い!ってことね!」

「正しいか、正しくないかだ。」

といったように、白か黒かで考える。

すると、グレーゾーンがないのでちょっと辛いのです。

悩み相談を受けていても、この白黒思考の方がたまにいます。

僕「Aという点は、少しでも上手くいったんじゃ…?」

相手「いや、上手くいってないです。失敗です。」

僕「ですよね~…。(^^;」

といったような感じです。

すると、本人はちょっと辛いのです。

ただここで、白黒思考はダメだ!と聞き手も考えてしまって、

それダメだよ!っていうと。

それも、白黒思考に陥り、同じ土俵に入ってしまう罠があります。(笑)
(「良い」と「悪い」で判断しているから。)

じゃ~どうするのん?

というと論理療法では、その白黒思考に対して、

歪みを修正する取り組みをおこなったりします。

ただ、今日はその方法は取り上げません。

(ネットでお調べいただければ、その方法は沢山出てきます。)

もう一つの方向性としては、聞き手側のスタンスとして、

「どっちでもいい。」というスタンスで関わること。

そして、どっちもいい面・悪い面あるよね。

というスタンスで関わること。

そしてそして、リフレーミングといって、

見方を変えてみる取り組みをしてみること。

それはたとえばこんなように…。

「灰色って、夕焼けの色だよね。

昼から夜をつなぐ色。夕焼けがやがてグレーをつなぎ、

真っ黒な夜が来る。そして、今度はその真っ黒な夜の色が、

薄れてきて灰色へと変わり、朝日の色へとつないでくれる。

この世界を彩るのには、どの色も欠かせないし、

どんな色にもうつろい、揺らぐ過程があって、

そうやって世界はできているってもうあなたは気づいても

いいかもしれないなって。」

といったように、中間=ダメという枠を、

中間=とても大切な色という枠組みにかえる試みを

してみるのもいいかもしれません。

いずれにせよ、聞き手側が同じように、

白黒思考で話を聞いてしまうと、

お互いに辛くなってしまいます。

勿論、最初はペース合わせとして、

相手の白黒思考に合わせてお話を聞いてきますが、

その思考がダメだとジャッジするのではなく、

「その考えに救われた部分もあるよね。」

「そうやってくっきりとメリハリつけることが

これまで必要だったよね。」

「そして、それが上手くいかなくて、

自分を苦しめる瞬間が増えてきたことにも、

気づき始めてきたんだね。」

といったように、受容しつつ気づきを促したり…、

さっきのようにリフレーミングを織り交ぜてみたり。

話の聴き方には、いろんな種類がありますが、

どれも大切なのは、「相手の世界を否定しない」

ということです。

理解を示しつつ、話を聞く、

そして、相手が「不自由」を感じていたら、

気づきを促してみたり、その不自由さに焦点を当ててみたり、

見方を変える試みをしてみたりしてみる。

そんな援助も大切なのかなって思います。

・JCA カウンセリング・傾聴スクール 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー
元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。また、都内のクリニックでカウンセリングも行っている。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!
お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ