ねぎらいと褒めるの3つの違い。

こんにちは!野川です。

今日も相変わらず、スタバです。(笑)

週に1回くらい来ているので、

もう顔を覚えられたようで、

最近は、顔見ると

「アイスコーヒーですか??(*’▽’)」

と笑顔で言われるこの頃です。(笑)
でも、アイスコーヒーたのんでも

コーヒー苦手なので結局4分の1も飲まないので、

その笑顔が痛いこの頃でもあります。(笑)
そして、何時間も作業しているので、

「ごめんなさい!」と心の中で毎回謝る今日この頃。

皆さんは、良い週末を過ごしていますか?

今日は、千葉は晴天です。

良い週末をお過ごしくださいね。
さて、今日のメルマガはこちらでござる。

『褒めると、ねぎらうことの違い。』

昨日は、傾聴基礎コース2日目。

その時に、この 褒める ことと ねぎらう ことの違い。

をお伝えしました。
この違いを明確に説明できる人は意外と少ないものです。
さて、あなたは、この違いわかりますか?
ここが混同しちゃうと、

相手をねぎらうことができません。
「褒めてもしょうがないじゃない。」
って思うのは、ねぎらいと褒めることが一緒になっちゃているからです。
ではでは、この違いは何でしょう?

ちょっとわかりやすいように、次の3点で説明しましょう。

1:「相手のどの部分に声を掛けるのか。」

2:「自分の立場からか、相手の立場からか」

2:「目線は上からか、同じか。」

の3つでございます。

1:「相手のどの部分に声を掛けるのか。」

【褒める】
褒める時は、「相手の行動」をに声を掛けます。

「この問題解けたの?すごいじゃん!」

「大学受かったの?すごいじゃない!」

「お客さん説得できたの?すごいじゃん!」

「一人でできたの?すごいすごい!」

といったように、褒めるコミュニケーションは、

主に相手の行動に声を掛けます。
【ねぎらう】

ねぎらいは、「相手の存在や、行動の背景(経験や思いなど)」

に声を掛けます。
「大学受かったの?すごいじゃない!」

が相手の行動を褒めるのに対して、ねぎらいは例えば、

「あんなに悔しい思いをしながら自分で勝ち取った結果は、

喜びもひとしおだよね。」

とその合格に隠れていた経験や、思いなどに声をかけます。

2:「自分の立場からか、相手の立場からか」

これは、自分の枠組み(考えなど)から声を掛けるのか、

それとも相手の枠組み(考えなど)から声を掛けるのか、

という違いです。
【褒める】は、自分の枠組みから声を掛ける試みです。

「その行動出来たの?すごいじゃない!」

と、自分「が」すごいと感じたことや感心したことを、

相手に伝える行為が褒めるということですね。
一方で、

【ねぎらい】は、相手の行動の背景や

相手の存在そのものを認めるがけです。

そして、主に相手の感情を労わる(解きほぐすし、時に力づける)

言葉がけです。
それには、自分がこうだったらという自分の枠組みから抜けて、

相手の人生を感じ、【相手の枠組みから理解しようとする試み】が必要です。
それは、自分がこうだったから相手もこう感じるだろうというのは、

同情になってしまいがちだからです。
こういった理由からも、

ねぎらいの言葉は、「相手の枠組み」から伝えること。

つまり、「自分の経験は脇に置いて、相手の立場」にたってみて、

初めて掛けられる言葉がけなのです。

3:「目線は上からか、同じか。」

これは、単純です。

褒めるというのは、少し上から目線が入っています。

勿論、感心して「すげ~!」などという時は、

下からという場合もありますが、多くの場合上からなのです。
例えば、学校の先生をイメージするとわかりやすいと思います。

「この問題解けたの?すごいじゃない!」

と褒められた経験ありませんか?

この言葉のニュアンスには、

単純にすごい!と思うのとは違い、

これが解けるとは思っていなかったというニュアンスと、

言葉でいうのは難しいですが、

その問題の解き方をわかっていた先生という、

立場的な上下関係が含まれているケースも多いのです。
そういった面で、すこし上から目線なのです。
一方で、ねぎらいは、同じ目線での声掛けです。
それは、ねぎらいは、

「相手の立場などは関係せず、相手を一人の同じ人として

尊厳を持って接する態度であり、その言葉がけである」

からです。

【まとめ】

さて、何となく違いはわかりましたでしょうか?
褒めるとねぎらうの違いは、

行動に声を掛けるのか、

その行動の背景や、その人の存在に声を掛けるの違い。
自分の立場から声を掛けるのか、

相手の立場から声を掛けるのかの違い。
上から目線が含まれているか、

それとも同じ目線で言っているのかの違い。
こういった違いが

褒めるというコミュニケーション

ねぎらうというコミュニケーション

にはあるのです。

——————————————–

今日もお読み頂きありがとございました。

そうそう、

もうすぐ心理ケアカウンセラーベーシックコース

始まります!
そのコースでは、こういった褒めると労いの違いは勿論のこと、

実際にねぎらいのトレーニングも沢山していきます。

どうぞお越しくださいね!

お読み頂きありがとうごいました。

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer

著者プロフィール

著者 野川  仁

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー


元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!