良いクライアント。悪いクライアント。仲直り

そんな定義なんてそもそもないんだけれど、
良いクライアントを気づかぬうちに演じちゃう人っています。

先生に褒められたい。認められたい。

そんな気持ちがむくむくとクライアントさんに湧いてくると、
その人は良いクライアントになっちゃうんです。

それは、何もその方が悪いわけでもなく、
カウンセラー側が気づくか気づかないかだけの話なんですが、
僕は最初のころ気づきませんでした。(汗

気づかないとさぁ大変。

では、気づかないとどうなるんでしょ?
それはこんな感じです。

「先生!先生に話を聞いてもらって本当によかったです。」
「すごく気持ちがほっとしました。ありがとうございます。」
「なんだか最近調子がいいんです。」
「○○ができるような気がするんです。」

とクライアントさん。

「いやぁ~すごいですね!この調子で行きましょう!」

とカウンセラーが答える。

カウンセラーの中には、こんな気持ちがむくむくと湧いてきます。

「いや~すごいな~よかったね!」って。
「大変だったもんね。そんな気持ちになるだけすごいね。」って。

でも…、この場合ほとんどうまくいかないんです…(^^;
僕も、何度も経験しました…。

それはなぜでしょ?

喜ばせようとしていることに気づくこと。

カウンセリングはそもそも、自分のテーマと向き合うことです。

それはクライアントさんが自分自身と対話できるように、
自己成長できるように援助する人間関係であるわけです。

だから、カウンセリングでは、自己成長しているように見えると、
上手くいっているなと思いがちですが、
冒頭のケースだと、それはうまくいっているというようりも、
カウンセラーに嫌われたくなかったり、喜ばせようとしたり、
いい子を演じているケースが多いのです。

では、その時に相手の中では何が起きているんでしょ?
考えられることは沢山あります。

・相手に気に入ってもらうことで、人間関係を円滑にしてきた。
・相手に嫌われること過度に嫌い、見捨てられたくない気持ちがある。
・例えばカウンセラーが男性であれば、小さいころにお父さんからの愛情がとっても欲しかった。
・本当はうまくいってないけど、それを言って落ち込ませたくない。
・その場をしのぐために褒めて終わらせようとする。

などなど、実はいろんなことが考えられます。

でも、相手からありがとうございますとか、
先生のおかげです。なんだか出来そうな気がします。
とかそういうことを言われると、嬉しくなっちゃって気づかないのです。(^^;

それで一緒になって、「すごいじゃない!」って褒めて、
「あとちょっとだ!頑張ろう!」っていうと、
大体次の回で「できませんでした…。」と落ち込んでいるか、
面接自体にこなくなったりします。
(あぁ~自分で書いてて耳が痛い。Orz)

その時に起こっていることに気づくこと。

これを防ぐには、その瞬間に起きていることに”気づく”ことしかありません。

なぜなら気づかないと、”本当に”うまくいっていると思っちゃって、
見過ごしちゃうからです。

先の…

「すごく気持ちがほっとしました。ありがとうございます。」
「なんだか最近調子がいいんです。」
「○○ができるような気がするんです。」

という例であれば、本当にそうなんだろうか?もしかして、
喜ばせようとしているんじゃないか?と気づくことです。

そこで、そっかすごいね!って褒めるんじゃなくて、

「本当に本当にできるの?」って疑惑の挿入を入れたり、

「いやぁ、まだ無理でしょ。まだ辞めた方がいいって。」とパラドックスな介入をしたり、

「そっか!でもそんなこといって、”また”失敗しちゃうんじゃない?」と引いてみたり。

褒める選択肢以外を選ぶことの方がいいケースが多くあります。
というのも大体そのできるというのはハードルが高いケースが多かったりもしますからね。

「そっか!すごいじゃん。いいことだね!じゃやってみよう!」
と褒めたら、やっぱり相手は嬉しいですよ。

だから期待に応えようと思っちゃいます。

でも、その期待はいつしかプレッシャーになり、
期待に応える事が出来なかった…。

どうしよう…。

喜んでほしくてあんなこといったけど、
本当にできるかな…。

って不安になったり…。

なんてことも多いものです。

カウンセリングにおいて”褒める”コミュニケーションって、
実はあんまりうまくいかないことって多いのです。

そして、相手が良いクライアントになっていたら、
褒めてすぎてない?って注意が必要です。

褒められて喜んでいる自分に気づき、
褒めて喜んでもらおうとしている相手に気づく。

とっても難しいけど、
カウンセリングってその瞬間瞬間に気づいていくことだから。

偉そうなこと書いてますが、褒められると喜びます。(爆)

 

□■□■□■□『お読み頂きありがとうございました!』■□■□■□■□

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer
■ブログランキングに参加しています!
あなたのぽちっ!が日々の励みになります!
押して頂けたら嬉しいです!
自己啓発 ブログランキングへ

著者プロフィール

著者 野川  仁
・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!