心理ケアカウンセラー

昨日は、心理ケアカウンセラー資格認定講座でした。

昨日は、総合トレーニング。

主に「ねぎらい」と「焦点化」を中心に、

トレーニングを行いました。

「ねぎらい」は、褒めるのでもなく、

共感するのでもなく、

相手の生きてきたその人生に対して声を掛けていくこと。

そして、その生きてきた道やその人そのものに対して、

いわたることです。

今回、このねぎらいは受講生にとっては鬼門だったようで、

何回やってもなかなかねぎらいの言葉が出てきませんでした。

でもずっと感情を見るトレーニングや、

非言語のフィードバックや、

焦点化の練習をコツコツやってきて、

それを自分なりにノートをまとめてつくって復習したりしたおかげで、

聴く力が確実についてきていました。

本人は、その実感はあまりないようですが。(笑)

まぁ客観的に自分を振り返る瞬間もあまりありませんから、

当然かもしれませんね。

さて、話を戻しますと、

そのコツコツ積み上げてきたことのおかげで、

彼女の口からとっても素敵なねぎらいの言葉が出てきたのです。

その素敵な言葉をここでご紹介したいのですが、

彼女の心にしまっておく方がきっと今は大切だと思いますので、

ご紹介は控えますが、とっても心に届く言葉でしたよ。

こういうカウンセリングのトレーニングは、

最初は出来ないことばかりで、

上手くいかないことが多くあります。

自信を無くしてしまうことも、

このまま上手くならないんじゃないかと、

そういう風に考えてしまう低迷期もあります。

でも、コツコツ続けていけば必ず花が開く時があります。

そう必ず。

上手くなるコツは、続けること。

つまり辞めないことだと思います。

一時諦めるのもいいけれど、また始めればいいのです。

辞め続けなければ道は続くのです。

最後にこれは、僕の個人的な思いですが、

是非学び続けて欲しいなって思います。

それは、いろんな講座に来てくれるすべての方に対して感じます。

誰かの役に立ちたいという大切な思いがあるのであれば、

是非それを形に出来るその日まで、

続けてほしいなって思うのです。

どんな形であれば、

場所はここではなくても、

別のどこかでも、

辞めないで欲しいなって。

そしてもし辞めるのであれば、

「私は十分にやった。」と、

ここから思えるその時に、

歩みを止めて、振り返って欲しいなって思います。

それだけ誰かの為に学んでこれたその姿を、

今までその誰かの話を聴くような一生懸命な姿勢で、

その姿見て、聴いて、感じて、

ご自分を最後にいたわってあげて下さい。

よくやったねって。

これを読んでくれているあなたの思いが、

いつか花開きますように。

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ