涙を沢山流して、

わんわん泣いていると、

悲しく見えることが多いですが、

実はその悲しみに中には、

怒りが混じっていることがありますし、

そういった怒りは、嫌なことをされた相手へと向いています。

 

ずっとそうやって外に向かって怒りを向けることも大切でし、

その怒りの根底にある自分の内面に気持ちに意識を傾けることも

さらに大切です。

 

その為、冒頭のような方が相談に来てくれた時は、

敢えて「して欲しくないことを沢山されて嫌でしたね。」

「傷つけられましたね。」

「どんなことが嫌でしたか?」と聞いたりして、

悲しみではなくて、

自分がされていやだったことに意識を傾けてもらい、

その嫌だったことを感じることで、怒りをまずは出してもらうことや、

その先に「本当はこうしたかった、して欲しかった」

といったような期待を言葉にしてもらうことで、

その怒りの奥にある大切な気持ちに思いを向けてもらう。

 

そんな援助方法もあるのです。

 

相手は、悲しいのではなくて怒っているのですから、

本来向くべき気持ちに意識を向けられるように、

本当に感じるべき気持ちを感じられるように、

そんな援助の仕方が有効な時もあるのです。

・JCA カウンセリング・傾聴スクール 講師 
・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー
元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行う。
都内のクリニックでカウンセリングも行っている。
お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ