人のこころの声を聞くには、

自分のこころの声を聞けないと聞くことはできず、

 

相手に言葉をかけたい言葉と思っても、

自分に今どんな言葉を掛けてほしいかが分からないと、

掛けることはできず、

 

相手のことを理解したいと思っても、

自分のことも理解してあげないと、理解できず、

 

大切な誰かと良い関係を築こうと思っても、

自分との良い関係を築かないと、その関係は築けず。

 

人生は不思議なもんで、

誰かの力になりたいと思ったら、

まずは自分からした方がいい時が沢山あります。

 

ただ、人生はこれまた不思議なもんで、

誰かの力になりたいと思う方は、

以前の僕のように自分に取り組むことが苦手な方が多い。

 

「自分の世話もできていないのに、人の世話なんてできるか!」

 

と、たまに聞くこのことば、こういうことを良く表していますが、

自分の世話ができないと、本当に人の世話なんてできないの?

というと、そうでもないから人生面白い。

 

自分の世話をする、自分に取り組む、

自分を大切にする、自分を好きになる。

どんな言葉でもいいけれど、

そんな自分に取り組めない時が人生あるじゃないですか。

 

どうしようもなく苦しくなる時や、

自分の気持ちが分からなくなる時、

そんな時でも、人に優しく接し、

誰かのたった一瞬の笑顔で、

その瞬間は、「私はここにいていいんだ」って、

「私は誰かに必要とされている」んだって、

そう思って、何とか立っていられることってあるんです。

 

そんな人たちが世の中にはいるんです。

 

自分のことを二の次にして、

誰かのために動ける人が。

 

僕たちは、何が一番怖いかって、

「私はここで生きていていいんだろうか?」

「この世界に必要じゃないんじゃないか?」

って、そんな誰からも必要とされないことが怖いんです。

 

その恐怖ときたら、半端なく、

時に人を狂わせるほどです。

 

それでも、僕たちが踏みとどまれる時は、

誰かの笑顔が自分に向けられた時や、

誰かの役に立っている時だったりもするのです。

 

そして、それは一般的に(?)見れば、

不健康に見えるようで、依存的であるとか、

自己犠牲であるとか、幼いころの両親の関係がとか、

いろんな野暮ったいことを言う方がいますが、

別にそれもいいじゃないかと、

何の迷惑をあなたにかけていると思うのです。

 

”今は”それで生きられるなら、それでいいじゃないか。と。

 

そして、その依存的な関係に見えても、

自己犠牲や、不健康に見えても、

それでも、それは誰かに役立っているのです。

そんな瞬間がきっとあるのです。

 

人の力になりたければ、まずは自分からということは、

一理ありますが、自分から取り組めなければ、

人の力になることから、という一面もあるんです。

 

自分の笑顔が見れなければ、誰かの笑顔を見る事からでもいいじゃないですか。ね?

 

そして、それって、

自分の内側から取り組む、自分の世界を創っていくのか、

自分の外側から取り組んで、人の人生に触れ、

自分を省み、自分に気づき、自分の世界を創っていくのかの違いだけだと思うんです。

 

つまり、自分から始めるのか、

人から始めるのか、

ただ、それだけの違いなんじゃないかと思うんです。

 

自分の為にはできないことも、

人の為にできることもあり、

人の為にできない事も、

自分の為ならできることもある。

 

どちらか一方が正解でも間違いでもなく、

どちらもあっているんじゃないかな。

って、そんなお話でした。

・JCA カウンセリング・傾聴スクール 講師 
・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー
元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行う。
都内のクリニックでカウンセリングも行っている。
お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ