カウンセリングをしていると、一人でどうしようもない程苦しんでいる方と出会います。

相談できる相手がいないということは、

それだけで苦しみの一つにもなりますが、

苦しい時は、人を頼っていいし、頼るべきだと僕は思うのです。

 

誰かを頼ることは悪いことなのでしょうか?

誰かに頼るのは悪い気がして…。

そんな言葉を聴く事がありますが、それは全くの勘違いです。

 

人は頼られると嬉しいのです。

 

人は実は本当は誰かの役に立ちたいのです。

ですから、相談されることは嬉しいのです。

頼られていると感じるからです。

 

そして何よりも、大切な人が苦しい時、

僕たちは大切な人の為に何かしたいと感じるのです。

 

ちょっと想像してみて下さい。

 

大切な家族や友人、恋人が苦しんでいる姿を。

 

その姿を思うと、力になりたいという気持ちが湧いてきませんか?

きっと湧いてくると思います。

 

僕たちは、大切な人が苦しんでいる時、

力になりたと感じるのです。

誰かが苦しんでいる姿に人は耐えられないのです。

 

それが大切な人であればあるほどに。

 

だから今もしあなたが苦しんでいるなら、

誰かを頼って下さい。

 

頼るという言葉に抵抗があるのなら、協力を求めて下さい。

 

苦しみは、一人で抱えているとますます大きくなりますが、

誰かに受け止めてもらうとほっとして、少し少なくなってくるのです。

 

ただ、誰かを頼る前に一つだけ。

 

しっかりと受け止めてもらえる人、

話を聞いてもらえる人を選んでくださいね。

 

せっかく頼っても、受け止めてもらえないと

今の状態だけでも苦しいのに、さらに余計な苦しみをおってしまうからです。

 

もし身近にそういう人がいない場合は、

相談業をお仕事にしている方に話を聞いてもらってみて下さい。

 

それはとても勇気がいることかもしれませんが、

ちょっとの勇気を振り絞って相談しに行ってみて下さい。

 

話を聞いて受け止めてもらう経験は、とっても大切でかけがえのないものですし、

一人ではどうしようもない時、誰かを頼ったり協力を求めたりするのは当然のことなのです。

 

カウンセラーになった今でも僕はたまに相談に行きます。

 

それはやっぱり一人ではどうしようも出来ない時があるからです。

 

僕たちは一人で生きてはいけません。

困った時や、苦しい時は、誰かを頼っていいのですよ。

・JCA カウンセリング・傾聴スクール 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー
元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。また、都内のクリニックでカウンセリングも行っている。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!
お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ