「助けて!頭がおかしくなりそう。」

この言葉が私のカウンセラーへの道の始まりでした。

私自身も引きこもり、悩みを抱える中、

勇気を振り絞って送ってくれたSOSが私のカウンセラーへの一歩となったのです。

私たちが生きているこの人生が、すべて幸せに満ちて輝かしい一日一日だったら…。
ってそう思うことがあるけれど、相談してくれた友人のように、
生きていればやっぱり心に雨が降ったり、傷ついたりと、うまくいかないこともあるのです。

それは…、思いがけず引きこもったり、いじめにあったり、振られて悲しみを抱えたり、
傷ついたり、大切な人がなくなってしまったり、仕事で上手くいかなかったり…といったように。

これを読んでいるあなたの人生にも、きっと同じように沢山いろんなことがありましたよね。

でも一生懸命に生きていれば、
やっぱりぶつかること、
理解されないこと、
傷つくことってだってあります。

ただ、私たちの身近な人がそういった状態に陥った時に、私たちは…

「支えになりたい。」
「少しでも楽になって欲しい…。」

そんな願いを持っていてるにも関わらず、以前の私のように上手く聞けずに、
想いが空回りしてこんな経験をしてしまう事があります。

あなたはこんな経験がありませんか?

・「どうしたの?」と聞くばかりで話が終わってしまう。
・  せっかく相談してくれたのに、ただ聞くだけしかできかなかった。
・  自分の経験を相手に当てはめて、アドバイスをして傷つけてしまった。
・「気持ちはわかるよ。でもさ…。」と結局否定してしまった。
・  一生懸命さが空回り、かえって相手を傷つけてしまった。
・  無力さを、未熟さを痛感した。
・「なんて声をかけたらいいかわからない。」
・「話が堂々巡りをしてしまう。」
・「相手が心を開いてくれない。」
・「相手の気持ちが理解できない。」

こういったことを体験してしまうのは、なにもあなたが悪いわけではありません。

だって、きっとあなたは一生懸命に話を聞いたし、聞こうとしましたよね?

ただ、心のケアをする術を知らず、身につけていないだけなのです。

心と如何に向き合っていくのか、どのような関わり合いのものとでケアをしていくのか。

その術を知らず、学んでいないだけなのです。

学校では算数や理科や英語は教えてくれても、心理学やコミュニケーションの授業なんてありませんし、

自分の心の扱い方や、ケアの仕方なんてことも教えてくれないのですから当然のことなのです。

だから、私たちはあなたに心のケアとして、カウンセリングを”今”学んでほしいのです。

だって、カウンセリングではこんなことを教えてくれるからです。

・心のエネルギーが落ちてるときは、ねぎらうんだよ。
・心にエネルギーがあるときは、力づけるんだよ。
・事情を聴きすぎると相手が余計苦しくなるよ。
・相手を理解するためには、言葉にとらわれてはだめだよ。
・”でも”という言葉は、前の言葉を打ち消してしまうんだよ。
・話が堂々巡りをするのは、相手の伝えたいことを受け取ってないからだよ。
・心を開いてもらうには、自らも心を開くんだよ。
・援助するときは、ただ聞くのではなくその相談のゴールを明確にするんだよ。
・ただ聞くだけではなくて、こうやって心の声は聴くんだよ。
・悲しみは、怒りなどの感情とは、こう接するんだよ。etc…

もし、あなたがこういったことを学べば、
あなたは大切な人の心の支えになり、ケアすることができます。

逆に、こういったことを知らずに関わっていくと、
きっと以前の私のように相手をただ傷つけてしまうことになります。

そうならない為にも、相手の心のケアをする為にも、
カウンセリングを学び、効果的な援助の方法を知り、
身につけることってとっても大切なのです。

この講座では、6日間かけて心のケアを丁寧に学んでいきます。

いざあなたが相談されたときに、
あなたの大切な人が心の痛みを抱えた時に、
丁寧に関わることができるように。

そんな願いを込めてこの講座を作りました。

6日間を通して身につけること。

・目の前のたった一人の人を理解する術を身につけます。
・心の仕組みを理解していきます。
・相手が扱いたいテーマに焦点を絞り聞いていきます。
・カウンセリングの基礎を学び、身につけます。
・感情を理解する術を身につけます。
・相手の長所や可能性を捉える目を身につけます。
・あなたが笑っていられるようにグループセラピーを行います。
・相手が心の声を聞けるように、援助するフォーカシングを身につけます。

それでは、具体的にどういったことをしていくのか見ていきましょう。
お申込はこちら!

カリキュラム  ※クリックするとか各日の詳細へ移動します。
Day.1 心の仕組みを解き明かす。 Day.2 カウンセリング基礎論
Day.3 問題の焦点化 Day.4 可能性に目を向ける力を育む。
Day.5 フォーカシング Day.6 グループセラピー

Day1. 心の仕組みを解き明かす。

心の仕組みを解き明かす
1日目は、カウンセリングをする上でも、

日常生活でもとっても大切なことを学んでいきます。

それは、目の前の人を理解しようとすることです。

その為に必要なのが、心の仕組みを理解することです。

同じ体験をしても、捉え方が人それぞれ全然違います。

なぜそんなことが起きてくるのでしょう?

なぜ人前で話すのを楽しめる人もいるのに、
多くの人が緊張するのでしょう?

なぜ私たちは落ち込む時に、下を向いて、肩を落とすのでしょう。

なぜ同じ経験をしているのに、引き出される反応(行動)が違うのでしょう。

それは、心の仕組みが関係しています。

1日目は、その心の仕組みを一つ一つ丁寧に理解していきます。

・視線解析:視線の方向によってどんなことを考えているのを理解する。

・優位表象システム

イメージを面浮かべるのが得意な人(視覚優位)
言われたことを一度で理解できる人(聴覚優位)
自分の身体感覚に敏感な人(体感覚優位)

人にはこういった得意な五感があります。

それを理解していく取り組みをしていきます。

この他にも、客観的に物事を捉えらえるのが得意な方、
主観的に物事が捉えるのが得意な方といったように、
目の前の人の長所を理解していく取り組みを行っていきます。

Day2.    カウンセリングの基礎を身につける。

傾聴力
人の心の仕組みを理解する取り組みの後は、

それでは、カウンセリングではどのようにその心に取り組んでいるの?

という基礎的なことを理解することが大切です。

日常的なコミュニケーションとカウンセリング的コミュニケーションは違います。

カウンセリングとは、とても大雑把に表現すると、

「言語・非言語コミュニケーションを通して、相手が自己成長するような援助関係」のことです。

日常会話の多くが目的がないのに比べて、カウンセリングでは明確な目的があるのです。

それに向かって言語・非言語を通してコミュニケーションをしていくことで、

人を、そして心を援助する取り組みをしていくのです。

初日は、その目的の為にカウンセリングはどんなことをしていくのかという基礎を学びます。

・カウンセリングの基礎概念を理解する。

・カウンセリングの流れを掴む。

・治療的会話と日常会話の違いを学ぶ。

・相手との信頼関係を築く技術

・カウンセリングでして良いこと。ダメなこと。

・上手くいくカウンセリング、いかないカウンセリング。

といったことを学んでいきます。

Day.3 問題の焦点化


どんな技法を学んだとしても、この相手の問題(テーマ)に沿ってないと意味がありません。

どんなに効果的な技法も、結局のところ的外れな所で使っても効果がないのです。

焦点化とは、本人が今回テーマとして扱いたいものに焦点を当てて、カウンセリングを進めていくことです。

それは、相手の話したい話を聞くことであり、相手のニーズ通りに進めていくことでもあります。

もし、テーマの焦点が絞れればその後の援助がしやすくなります。
逆にテーマが絞れていないと、「こんなことをしたくなかった。」
「私が望んだことと違うことをされた…。」といったような結果になっています。

その為、3日目では相手のテーマを絞って話を聞く術を身につけています。

・確認を取りながら相手の方向にそって進める技術。
・アナログメッセージ(非言語)に気づき、フィードバックをする。
・効果的な質問方法を身につける。
・焦点化の原則
・自分がサービスとして提供できることの明確化。

などに1日かけて取り組んでいきます。

Day.4 可能性に目を向ける力を育む。


4日目は、相手の可能性に目を向ける目を育み、物事を肯定的に捉えるトレーニングをしていきます。

ただ聞いていくだけではなく、相手の可能性や長所を見つめていくこと。

これはカウンセリングをする際にとっても大切なことです。

なぜなら、相手の長所や可能性といった肯定的な側面に目を向けることが、カウンセリングの成功の秘訣だからです。

その為、過去ではなく未来に目を向け、失敗ではなく成功に焦点を当て、目の前の人を受け入れ、目の前の人のうちなる可能性に目を向けて話を聞いていく。

というビル・オハンロンという方によって体系化された可能性療法の考え方を学び、実践していきます。

また、他にも相手の長所を捉えるトレーニングも行っていきます。

Day.5 フォーカシング


フォーカシングとは、カール・ロジャースという傾聴という応答技法を体系化した方の弟子で、ジェンドリンという方が体系化した心と対話をする技法です。

例えば悩みを抱えている時、胸が苦しいとか、お腹が痛いとか、喉が詰まる感じがするといったように、私たちの体にはいろんな反応が出てくる時があります。

フォーカシングとは、そういった反応(身体感覚)を心からのメッセージと捉え、その身体感覚とコミュニケーションをすることで、心の問題を解決しようとする取り組みのことです。

以前、目の前で涙を流しているクライアントの方に、こんなことを伝えたことがあります。

「頬を伝う涙をあなたのペースで感じて下さい。」

「その涙の温かさを感じますか?」

すると、その方は「はい」と答えてくれました。

「では、その温かい涙に口があったら、なんと言うと思いますか?」

と問いかけて、涙を伝う頬の温かさ(身体感覚)を感じてもらい、

コミュニケーションを取ってもらいました。

すると、その方は「ありがとう。って言ってくれている気がします。」

とさらに涙を流して、答えてくれました。

フォーカシングとは、このように声なき声とコミュニケーションをしていき、

私を受け入れてくプロセスです。丸一日かけてフォーカシングの技法を習得していきます。

また、同時に感情のケアをする視点を身につけていきます。

Day 6 グループセラピー
誰かの力を借りる

なぜグループセラピーをするのかというと、カウンセラーになりたいという方の多くは、過去に苦しい思いや、大変な思いをしてきた方が多いのも事実です。

だからこそ、同じように苦しんできた方の支えになりたい!
と思う方が多いのです。

その思いってとっても大切です。

その思いを絶やさずに、ともし続けてほしいって私たちは思っています。

そして、灯し続ける為には、ご自分の心のケアがとっても大切なのです。

だから、この講座にはグループセラピーの時間を敢えて入れています。

支える側が笑っていられること。

それは何より、相談者さんの元気になります。

支える側が笑っていられること。

それは相談者さんの希望になります。

支える側が笑っていられること。

それは相談者さんの支えになります。

そして、あなたが笑っていられること。

それは私たちの支えでもあるのです。

 

人はどこかで孤独を抱えています。

そして同じ志を持った仲間と出会う時間は、人生において少ないのです。

グループセラピーは、一人ではなく仲間と共にあなたのテーマに取り組む時間です。

「同じカウンセラーを目指す仲間に支えてもらうこと。」

それは、きっとあなたの財産になります。

「目の前の同じカウンセラーを目指す仲間を支えること。」

それは、あなたの力になりますし、仲間の励みになります。

こんな時代だからこそ、横のつながりってとっても大切なのです。

そしてカウンセラーを目指す道もまた孤独なのです。

だからこそ、そんな道をこれから歩もうとするあなたに、

横を振り向けば仲間の顏が見えるように、

一人倒れそうになった時に、背中を支えてくれた仲間の手の温もりに気づけるように、

そして何よりカウンセラーを志そうとした灯火を絶やさずに燃やし続けられるように、

グループセラピーをカリキュラムの一つとさせて頂いています。

あなたの大切な人の笑顔の為に。

ここまでお読み頂いてありがとうございます。

6日間かけてこういったことに取り組んでいきます。

6日間の取り組みを通して、あなたが相談された時、

あなたの大切な人が思い悩んでいる時に、

あなたが心の支えになれるように、あなたも笑っていられるように、

そんな願いを込めて、この講座を作りました。

他の講座に比べて、少々地味な所もあるかもしれません。

基礎から始めますので、最初はなかなか進んでいると感じないかもしれません。

でも、その基礎を学ぶ時間が、その地味な時間が将来あなたの支えになり、

あなたと関わる人の支えになると私たちは信じています。

カウンセラーになりたい方も、心理ケアを学びたいかたも是非お越しください。

追伸

私たちは、カウンセラーを育てたいわけではありません。

ただ、あなたの身近なが人が思い悩んでいた時に、その方が乗り越えられるように、

援助が出来るようになって欲しいのです。

いざという時に、ただ聞くだけではなくて、一歩踏み込んだ援助が出来るようになって欲しいのです。

もし、あなたがそういった事が出来るようになれば、

カウンセリングに来る前に苦しみから解放されるかもしれない。

孤独を抱える方が少なくなるかもしれないじゃないですか。

私たちとってそれほど嬉しいことはないなって感じています。

大切な方の支えになりたい。悩みを抱えた方の支えになりたい。

そんな誰かに頼まれたわけでもないのに、

誰かの支えになりたいという思いの灯火を絶やさずに、

学び続けて頂けること。

私たちにとってそれほど嬉しい事はないなと心の底から考えています。

その為、本コースを修了した後、継続的に学べるようにこの度、再受講制度をご用意しました。

是非お気軽に学びいらしてくださいね。

ご料金 1回チケット:¥3,500 4回チケット:¥12,000
(有効期限:発効から4カ月)
購入方法 カリキュラム最終日/各再受講ご希望日当日/事前にクレジットカード支払い
注意事項 ・6日間すべて終了した方のみご購入ができます。
・ご購入後のご返金はできかねますので、予めご了承ください。
・有効期限が切れたチケットは、ご使用できません。
・万が一、当方のなんらかの都合で開催が難しい場合、
ご購入頂いた再受講チケットは払い戻し致します。

・再受講日当日にチケットはご購入頂けますが、事前に参加希望の予約が必要となります。
・何回でも、講座開催中はチケットをご購入いただけます。

カウンセラーの資格が取得できます。

6日間の全日程にご参加いただいた方には、社団法人日本心理カウンセリング協会認定 基礎心理ケアカウンセラー の資格を講座最終日にお渡しを致します。

※本資格は、発行から1年間有効となります。
※1年以降も、ご継続希望の場合は更新料金5,250円が必要となりますので、予めご了承下さい。
※6日間のうち、1日でも欠席した場合は、振替後に所定に日数を修めた後に発行となります。

開催概要

開催日程 【13時~19時】講師:野川 仁 サポート:土矢 紘誇
Day.1  2017年7月  8日(土)   Day.2  2017年7月15日(土) 
Day.3  2017年7月22日(土)   Day.4  2017年7月29日(土) 
Day.5  2017年8月  5日(土)   Day.6  2017年8月19日(土) 
ご料金 ¥86,000-(税込)
※テキスト代、資格認定料含む。
お支払方法 クレジットカード払い/銀行振込
※銀行振込みの場合は、お申込後1週間以内にお願い致します。
会場 VIT YOKOHAMA 11F or 2F 大会議室
※日程によって会場が異なりますが、お申込時にお伝えしております。
キャンセル料 7日前までのキャンセルの場合、講座料金の50%、前日・当日キャンセルの場合は、講座料金の100%のキャンセル料を頂戴しております。
お振込先をメールにてお送りいたしますので、お手数ですがお振込みをお願い致します。

お申込み

※ご予約の際は注事項を必ずご確認下さい。

参加日をご選択ください*
お名前*
ふりがな
E-mail*
電話番号*
どこでお知りになりましたか?(初めての方のみ)
ご紹介者のお名前
支払方法*
その他・メッセージ
ご確認

ご予約時の注意事項※必ずご確認下さい。

・Paypal決済について。

Paypalは、ペイパルは、世界で1億5,000万人以上の人に利用されている決済サービスです。このお教室では、より安全にウェブから決済ができるペイパルメール決済も行えます。
ペイパルアカウントをお持ちでない方もクレジットカードで決済ができます。
クレジットカード決済をご希望の方は、お申込フォームの「支払方法」で「クレジットカード決済」を選択して下さい。
お申込フォーム送信完了の画面からそのままクレジットカード決済画面へ進めます。
※paypalお手続き方法の詳しい説明は、こちら

・携帯アドレスをご利用の方へ。

お申込み完了後には自動返信にてメールをお送りさせて頂いております。
自動返信メールが届かない・・・「申込みできてるのかな?」そんな時は
info★kokoro-ne.biz(★を@に変えて)
お名前・携帯番号 の2つを明記の上 お問い合わせください。
ezwebのメールの方は、自動返信メールが届かない可能性があります。
もし、他のアドレスをお持ちであれば、そちらからお申し込みをお願い致します。
自動返信メールが届かない場合は、ドメイン指定の解除をお願い致します。
※お電話でも受け付けております。

・キャンセル料金について。

3日前までのキャンセルの場合、講座料金の50%、前日・当日キャンセルの場合は、講座料金の100%のキャンセル料を頂戴しております。
お振込先をメールにてお送りいたしますので、お手数ですがお振込みをお願い致します。