人間関係を良くするコツ

今日は、横浜実践心理学教室。

人間関係を良くするコツ」でした。

もう何年も開催しているこの講座。

おそらくもう2年くらい開催している気がします!

 

いつも同じ内容話すのが苦手なので、

毎回ちょっとずつ内容を変えて講座をしています。

 

今日は、いつも通りのこともやりましたが、

ちょっと違った取り組みをしてもらいました。

 

こういうセミナーに来る方はとっても真面目な方が多く、

自分の課題に取り組んだり、より良い人生を送りたい。

そんな思いをお持ちの方が多いのです。

 

そして、今回のテーマは「人間関係」ですので、

当然ながら、より良い人間関係を望んいらっしゃっています。

すると、こんな思考が頭を中を支配することがあります。

「人間関係を良くすべきだ、しなければ…。」

という、「べき思考」です。

 

こういう「べき思考」を僕たちは沢山持っています。

人には優しくすべきである。

挨拶はすべきである。

といった「べき思考」から。

~しなければならないという、

凝り固まった思考まで、

僕たちは色んなそういった「べき思考」や凝り固まった考えを持っているのです。

 

もちろんこういった思考は役に立つことがありますが、

一方で僕たちの心を縛ってしまう事があります。

 

人には優しくすべきだ!

という思考が強すぎると、

それを人にも強要するようになります。

そして、自分もそように優しくされるべきである。

といった気持ちになることまであります。

 

すると、優しくない人を見ると、

なんで人に優しくしないんだ!

といった怒りとして表れたりすることがありますし、

自分が「人に優しくできない」と、

出来ない自分を責めることがあります。

 

すると、なんで自分はダメなんだ。

と、かえって自分や他人を苦しめてしまうこと”も”あるのです。

 

そうすると、自分も相手も苦しめてしまいますから大変なのです。

 

そうならない為には、その思考を和らげる取り組みが時に大切です。

それは、こう考えてみることで、そのべき思考が弱まります。

 

「~するに越したことはない。」

 

と言い換えてみることです。

 

「人に優しくすべき」➜「人に優しくするに越したことはない。」

と言い換えてみると、ずいぶん気持ちが違うものです。

 

~するに越したことはないということは、

出来たらいいけれど、出来なくてもそれもまたokである。

というニュアンスが含まれていますから、

凝り固まった思考をほぐす事が出来るのです。

 

人間関係も、良くなるに”越したことはない”のです。

今日はそんなお話”も”させて頂きました。

 

無料講座、人間関係を良くするコツ! 次回は、9/2(土)開催です!

詳しくはこちら

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!

お読み頂きありがとうごいました。

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer