聞くことと聴くことの違い。

「聞くこと」と「聴くこと」は、シンプルな違いがある。

「聞く」ということは、耳を傾け無くてもできること。

こうやってパソコンを眺めながらでも、聞くことができます。

ラジオを聞いているように、人の話を聞いて、

内容を理解することって簡単にできますよね。

 

でも、「聴く」ということは、耳を傾けないとできない。

聴くという行為は意識を相手に傾けないと出来ないのです。

耳だけを傾けて、目と体をPCや別の方向に向けては出来ない。

それだと、身体全身を傾けていなくて、

全身を耳にして聞いてないから出来ないのです。

 

そう、「聞く」ということは、聞こえてくるのと似ている。

でも、「聴く」は聞こえてくるものをきこうとしないと聞けない。

 

「聞く」ことはできても、

「聴く」ことができないのは、

「話の内容」にだけ意識を傾けて聴こうとしているから。

 

「聴く」為には、話の内容だけではなくて、

相手の表情や、声のトーンや、体から伝わってくる感じなど、

全ての意識を傾けていくことで、初めてできてくる。

 

「聞く」ことができても、「聴けない」という人とでは、

ここが圧倒的に違うのです。

 

お読み頂きありがとうごいました。

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer

著者プロフィール

著者 野川  仁

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー


元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!