横浜グループセラピーこの教室では、「私を知る5000秒」というグループセラピーを行っています。

ただ、グループセラピーといってもピンことないかたも多いですよね。

「グループセラピーってなに?」
「どんなことするの?」
「どんな効果があるの?」
「普通のカウンセリングと違うの?」

などなど、いろんな疑問があるかと思いますので、一つずつお答えしていきますね。

グループセラピーとは?

かいつまんでご説明をすると、1対1のカウンセリングとは違い、
大体6人~10人といった参加者の皆さんに対して行うカウンセリングのことです。

通常のカウンセリングともっとも違うのは、参加者皆さんで一緒に問題解決を目指す。
ということです。

その為、1対1でのカウンセリングとは違い、
お互いに自分の思いや気持ちをシェアしてもらったり、
ある一人の課題に対して、参加者の皆さんにも協力してもらうなんてこともあるのです。

人の気持ちに触れ、自分の気持ちに触れる。

グループセラピーでは、フォーカスパーソンといって、
受講者の中から一人を選んで皆さんの前で自分が抱えるテーマを話してもらい、
カウンセラーとカウンセリングを進めていく場合があります。

その際、目の前で話す方の人生に皆さんは触れることになります。
人がテーマを乗り越えようと話を一生懸命にして、
一生懸命に取り組む姿は、時にあなたを勇気づけもしますし、
その方のテーマがあなた自身のテーマと重なって見える時もあります。

目の前の一生懸命取り組む方を通して、自分の決意を新たにしたり、
自分の気づかなかった思いに気づいたり、気持ちが整理されたり、
温かい気持ちになったり、辛かった自分を思い出し、自分の為に涙したり、
様々な内面の変化が訪れます。

また、フォーカスパーソンの方は、時に怒り、時に悲しみ、時に笑い、
時にリラックスしたり、様々な気持ちの変化が訪れますから、
人の気持ちにあなたは触れることになります。

人は、誰かの気持ちに触れると自分の気持も動かされます。
その為、あなたの中の気持ちも動いていくのです。

人は気持ちが動く度に、いろんな気持ちに気づいていくものですから、
あなたの内面で様々な変化が訪れて、少しずつ心が癒されていく…。
なんてことも起こってくるのです。

とはいえ、嫌なことを思い出して収拾がつかなくなる…。
なんて怖さをお持ちの方もいるかと思いますが、
この教室ではカウンセラー2名体制でサポートしますのでご安心下さいね。

さて、グループセラピーではどんなことが起きてくるのでしょう?
僕自身の例を挙げて少しだけご説明していきましょう。

人は人によって傷つき、人によって癒されます。

人は人によって傷つきます。
だけど、その傷は人によって癒されるのです。

どんなにつらく苦しい事があっても、
受け止めてくれるのは、やっぱり人です。

酷いことを言わた時も、
受けて止めてくれて、一緒に怒ってくれるのもやっぱり人なのです。

人に受けた傷は、人によって癒されていくのです。

昔、僕自身がグループセラピーを受けた時のことです。
チームに分かれて様々な取り組みを行ったのですが、
ある時に家族に言えなかったことを相手に行ってみる。
という取り組みがありました。

そこで僕は姉にずっと言えないでいた言葉をいう事にしました。
でも、ただ言うのではなくグループの中で何となく似ている人を選び、
その人と対峙して目を逸らさずに、言葉にするのです。

すると、対峙した途端涙がでてきました。
急に気持ちが湧き上がってきて涙が出てきたのです。

僕がずっと言えなかったことは、
「今まで支えてくれてありがとう。」という言葉です。

喧嘩も沢山して、いっぱい傷ついていっぱい傷つけたけど、
やっぱり僕は姉に感謝をしていました。

でもなかなかそれが言えませんでした。

だからグループセラピーで言ってみようと思ったのです。
そして、なんとかその言葉を相手に伝えると、
相手もまた涙していました。

そして、ぎゅっと抱きしめられて二人で泣きました。

姉に直接言ったわけでもないのに、
僕はずっと言えなかったことを言って、
心がとってもあたたくなったのを今でも覚えています。

人は人によって癒されるのです。

では、具体的に他にはどのような効果があるのでしょうか?

グループセラピーの効果

・自己内面への気づきや洞察が得られる。

・人との繋がりを感じる事で日々の生活に安定感が出る。

「私だけおかしいんじゃないか…。」「こんなに孤独を感じるのは私だけなんじゃないか…。」
といったように人は、一人である孤独をどこかしらに抱えています。
グループセラピーに来る方もあなたと同じように悩み、孤独を抱えていらっしゃいますので、
そういった場で共に取り組むことで、「一人じゃない」安心感を感じる事ができます。
一人じゃないという気持ちは、日々の生活の安定感へと繋がります

・一人ではなく、人の支えを得ながら前に進む事が出来る。

・心の傷を癒すことができる。

・一人ではなくみんなで取り組むことで、お互いに癒しが起る。

・人が一生懸命進む姿から力をもらう事ができる。

といったような効果があります。

こういった効果があるグループセラピーですが、
この教室の「私を知る5000秒」に参加する前に、
ちょっとした注事項がありますから、読んでからお申し込みくださいね。

グループセラピー参加上の注意事項

・自分の気持ちに責任を持って参加してみる。

人の気持ちに触れる為、自分の気持ち揺れ動かされることがあります。
すると、良い思い出はもちろん嫌な思いでも思い出すことがあります。
もちろんサポートは致しますが、自らのお気持ちに責任を持って、
大事にその時間を過ごすこともさらに大切です。

責任を持つということは、人のせいにしないということです。
「あなたが悪い」という気持ちをひとまず手放して、
自分の気持と対話してみるということです。

どうぞ丁寧にご自分の気持ちを感じてあげて下さいね。

・参加前に今一度自分の気持ちを確かめてみて下さいね。

個人カウンセリングもそうですが、悩みを解決するには本人の意志が大切です。
何となく…。安いから…。といった理由から受けると、効果をあまり感じられないことがあります。
それは、グループセラピーは共同作業だからです。
こちらが如何に丁寧に関わっても、あなた自身が明確に解決したい!という思いを持っていなければ、
なかなかセラピーは上手くいかないのです。

その為、グループセラピーを受ける前に、「本当にこの悩みを解決したいかな?」って、
確認してみて下さいね。

・一人で取り組むのではなく、みんなで協力をしていく時間です。

「私を知る5000秒」は、グループセラピーです。
グループセラピーは、みんなで一人の悩みに対して取り組むということです。
ですから、フォーカスパーソンではない場合も、
みんなでその目の前の人を支えてもらいますから、ご協力をお願いします。
もちろん強制ではありませんからご安心くださいね。

・他言はせずに、安全な空間づくりのご協力をお願いしています。

セラピーで話す内容は、ごくごくプライベートなことです。
セラピーを安全に進めるためにも、他言はしないようにしてくださいね。

また、人前で自分の悩みを話すという事自体がとっても勇気のいることです。
どんな内容であれ、あなたと同じように苦しみ、乗り越えようとして、
勇気をもって参加してくれた仲間ですから、じっと見守り、支え合っていきましょう。

最後に…。

さて、これまでこのお教室の「グループセラピー」に関して書かせて頂きましたが、
グループセラピーは一人ではなく、仲間と一緒に自分のテーマへ取り組む時間です。

今から6年前に受けた時、僕はグループセラピーのダイナミクスを体験しました。
個人カウンセリングではなかなか体験できない世界です。

そこで出会った同じチームの人とは、今でもちょこちょことご飯を食べに行ったりします。
同じ体験を共有する仲間ができるのもグループセラピーのいいところです。

もし、あなたが勇気を持って、そして心を開いて取り組めば、
きっとあなたの悩みは解決へと向かっていきます。

一人ではどうしようもない時は、誰かの支えが必要です。
あなたは一人ではないのです。

一緒に進んでいきましょう。

最初の一歩は不安なものですが、勇気をもって「えいっ」って踏み出してみて下さい。
踏み出した世界は、きっとあたたかなものですよ。

あなたとお会いできる日を楽しみにしています。

※ざっとしたご説明ですので、わからない点があったかもしれません。
もし何か不明点があれば、お気軽にお問合せ下さいね。

「私を知る5000秒」はこちら!

□■□■□■□『お読み頂きありがとうございました!』■□■□■□■□

心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!ご登録は下のフォームよりお願い致します。
メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer
■ブログランキングに参加しています!
あなたのぽちっ!が日々の励みになります!
押して頂けたら嬉しいです!
自己啓発 ブログランキングへ

著者プロフィール

著者 野川  仁
・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!