本や心理学に頼っても相手は理解できない。

これ本当です。

心理学を学び続けても、

どうやったら相手を理解できるかという本を読んでも、

「人の気持ち」を理解する為に、いろんなセミナーにでても、

あなたが理解したい人のことがさらに理解できなくなる。

そんなことが起きてくることがあります。

”理解したい”と学び続けているからこそ、はまる落とし穴があって、

それにまんまとはまってしまう人は多いんです。

かくいう僕もその一人でしたが(^^; 人の事いえませんね(汗

 

さて、なぜこんなことが起きてくるんでしょう?

 

理解したい気持ちがありながら、なぜでしょう。

 

答えはシンプルです。

 

相手は本に書いてある人ではない。

 

本に書いてあったこと、

相手が例えば、腕を組んだら”抵抗”しているとか、

人は、小さいころの親との関係を、今の人間関係で再現するとか、

「~したくない」という言葉をよく使う人は、回避的な思考があるとか。

 

そういう本って沢山ありますが、そこに書いてあることは、

そういう傾向があるだけで、すべてではもちろんありません。

 

だけれど、学ぶとその知識に人をあてはめてしまいがちなんです。

 

知識は、人を理解する為。

きっとその為だったのに、

知識が先行して、こう本に書いてあったから、

あの人は”こういう人”だって。

 

そういう考え方になりがちなんです。

 

知識が増えるということは、

いろんな”こういう人”である。

という知識が増えことでもありますよね。

 

すると、いろんな”こういう人”という知識が独り歩きして、

目の前の人がかえって見えなくなってしまう。

一度、目の前の人をこういう人っていう色眼鏡で見ると、

それ以外の可能性が見えなくなりがちです。

 

あの人は、優しい人、怒りっぽい人、意見を言わない人etc

いろんな色眼鏡が独り歩きして、本当のその人そのものが見えなくなっちゃう。

 

それって、きっと相手の事を理解したい!とそういう想いで学んでいたのに、

本当は、そういう色眼鏡を通して、相手を観たかったわけでも、

理解したかったわけでもないと思いますから、お互いに残念じゃないかなって思うんです。

 

まずは、学ばず、理解しようとすること、関心を持つこと。

 

これがまずは、とっても大切なんじゃないかなって思います。

下手に学んでしまうと、かえって相手が見えなくなってしまうので、

”相手が私に何を伝えようとしてくれているんだろう?”

”この人は、なんで○○に興味があるんだろう?”

”普通なら、意見を言えない場面で、どうしてこの人は言えるんだろう?

協調性ではなく、何を大事にしているんだろう?”

 

このように、相手を理解しようと思って、そして、相手に関心を持つ。

これが相手を理解する上で、とっても大切な事なんじゃないかなって思います。

相手はどんな人だろう?

今までは、こんな人だって思ってきたけど、本当にそんな人なんだろうか?

なんて、思いながら、相手の事を再び見て、聞いてみる。

すると、いつもとちょっと違う面に気づいたりします。

「あ、そういう一面もあったんだ。」って。

 

さて、こんな話をご存知ですか?

 

アメリカのディズニーランドのお話です。

 

パレードの準備をしていたキャストは、ロープをはって、

パレードの道を確保していました。

ロープを張り終えて、列の整理などをしていると、

道の真ん中で寝転がっている子が二人。

その子は、ダウン症の子でした。

その二人の子は、真ん中で寝転がって、空を見上げていました。

 

パレードの時間もあるので、どいてもらわなくてはいけません。

 

そこで、キャストは、ちょっと変わった行動をとります。

なんと、その二人の子の隣に一緒に寝転がって、

一緒に空を見上げて、こういったのです。

 

「ねぇ、何が見えるの?」って。

 

相手を理解する為に、僕たちができることは、

学ぶよりも先に、沢山やることがありそうだなぁと感じます。

 

何かに頼って相手を理解するのでもなく、

理解しなきゃって思うのでもなく、

”どんな世界なんだろう?”と、

自然と疑問が湧いてくるような、

そんな子供のような好奇心を持てる人でありたいなって思います。

ただ、子供の無邪気な好奇心は時に人を傷つけますから、

ほどほどのに(笑)

・横浜実践心理学教室 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー

元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!


■ブログランキングに参加しています!
ぽちっと押して頂けたら嬉しいです!
自己啓発 ブログランキングへ

メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer