傾聴講座

非言語を聴くトレーニングを行いました。

傾聴はただ聴くのではなく、五感を通して相手のお話を聞いていくのです。

 

五感を通してお話を聞いていくって何?と思った方に、

どういうことかを具体的にお話をこれからしていきますね。

 

五感って大きく分けて、視覚、聴覚、体感覚(臭覚・味覚・触覚)の3つに分けられますよね。

この大きなくくりの3つの感覚で僕たちは世界を認識しているわけです。

 

視覚では、色や形、明暗、空間的位置などを認識し、

聴覚では、音の早さ・音程、音域、リズム、テンポなどを認識し、

体感覚では、臭い、味覚、硬さや柔らかさを含んだ質感や温度、圧などを感じています。

 

このように僕たちは3つの感覚を通してこの現実世界から情報(刺激)を受け取り、

この世界を独自に認識しているわけです。

 

これは、お話を聴く時も同じです。

 

僕たちは視覚を通して相手の表情やしぐさ、姿勢などを見ていて、

聴覚を通して相手の声色の変化や、テンポ、リズム、

高低などの変化を言語内容と共に聞いています。

そして体感覚を通して、相手から伝わってくる気持ちを

実は体で感じていますし、

相手の話しを聞いて自分の内的感覚が変化することも感じているのです。

 

このように相手のお話を聞く時にも、

僕たちは五感を通して相手の話しを聞いてるわけです。

 

ただ僕たちはこの五感を十分に使えているかというとそうではありません。

通常、僕たちがお話を聞く時は、

視覚情報(特に表情)や聴覚情報(特に言語内容)に意識を集中しがちで、

体感覚やその他の視覚情報(しぐさや姿勢の変化、微妙な頬の筋肉の動き、

足の動きなど)や聴覚情報(声のトーンの変化、リズムの変化、声の通り等)

に意識がいきません。

 

それもそのはずです。

一般的な社会では、相手が話す内容の理解を求められ、

気持ちは二の次にされがちだからです。

 

だから、そういった気持ちが細かく出ている所の情報に

五感を向ける機会があまりないですし、

その向け方を学んできてないのですから、

そういった細かいところに意識がいかず、

五感を鋭敏にしてそういう情報をキャッチできなくて当然なのです。

 

ただ悩み相談や、相手の気持ちを理解しようとした時は、

その五感の使い方を今までとちょっと変えるというよりは、

その五感を鋭敏にして聴くことがとても大切になります。

 

せっかく相手の気持ちを捉える目があり、

相手の微妙な感情の変化を聴く耳があり、

相手の気持ちを感じる体があるのですから、

それをもっと有効活用できるようにトレーニングをしていけば、

今まで捉えられなかった相手の感情を捉えられるようになり、

より相手の気持ちに寄り添ってお話を聴く事が出来るようになるのです。

 

その為にはまずは五感の感度を上げるということです。

 

では、どのように五感を鍛えて、五感の感度を上げていけばいいんでしょうか?

五感の感度を上げるには、共感覚を鍛えていく。

そのカギは共感覚にあります。

共感覚は、共感とは違います。

 

共感覚とは、ある五感を別の五感に置き換えて理解するということです。

これは何も特別なことではなく、実は自然に僕たちはやっていますし、

日本語の表現にもこういった共感覚の表現が含まれます。

 

よく黄色い声援と言いますよね。

これは声援という聴覚情報に色という視覚情報に変換していますよね。

他にも「声に重さがある」というのも表現も聴覚を体感覚情報に変換していますし、

「肩が鉄板みたい」という表現も、体感覚を視覚情報に置き換えています。

 

このように僕たちは気づかないうちにやっているのです。

 

このようにある五感を別の五感に置き換えて捉えることを共感覚というのです。

 

この共感覚を鍛えていくと、五感がより鋭敏になってきます。

 

なぜなら例えばこんなことをするからです。

この歌声(聴覚)は、重いな。(体感覚)

この歌声(聴覚)は、体の胸の辺りにじんわり響く感じがするな。(体感覚)

この歌声(聴覚)に形があるとしたら、途中途中尖っていて、終盤は丸いな。(視覚)

 

このように一つの感覚で受け取った情報を、

色々なチャンネルの感覚に変換してみます。

 

すると、一つの感覚情報を色んな方向で受け取れるようになってくるのです。

 

今日の傾聴基礎コースでは、そんなトレーニングを行いました。

 

普段使っている五感をより鋭くして、

相手を捉える練習は、一朝一夕にはいきませんが、

続けていけば着実に相手の微妙な変化に気づく力は育まれていきます。

 

共感覚のトレーニングは一人で簡単にできますので、

もしよかったら試してみて下さいね。

・JCA カウンセリング・傾聴スクール 講師 ・カウンセリングルームこころ音 カウンセラー
元引きこもりのカウンセラー。現在は講師として、毎週(土)講義を行ってる。また、都内のクリニックでカウンセリングも行っている。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い!
お読み頂きありがとうございました。
心を込めて丁寧に聞く力を育む方法をお届けしています。
また、ちょっと落ち込気味な心に効くコラムもお届けしています。

・新着情報や新しい講義情報をいち早くお届け!
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

是非ご登録下さいね!
メールマガジン メルマガスマホ